ところで、1月7日に約15時間のみ表示されたワタシのブログをご覧になった方はいらっしゃいますか?恥かしくて、スランプに陥っていたワタシですが、勇気を持って本日公開します。

・・・・・・・以下1月7日公開の本文。( )内は本日修正・・・・・・・・・
今年に入り、予告されていたことが起こっているのが実感できる毎日。
昨日、Sekiさんより連絡があった。
Sekiさん「君のうちなる神は怒ってないか?」
   (Sekiさん「誰がうちなる神なんて言った?」
    ワタシ「え~?そう言われませんでした?」
    Sekiさん「私は、おやがみ様は怒っていないか?と聞いたんだ。」
    ワタシ「・・・。削除したほうが良いですか?」
    Seki「君の勝手だけど、このブログを後で読んだら恥かしくなるよ。」
    おやがみ様とうちなる神をごっちゃにしていたみたいだ。)
ワタシ「怒っているのかどうかは分かりませんが、今日は全く上手くいかない日です。外部で働いている人のほとんどから仕事を断られて、途方にくれていました。」
Sekiさん「ふーん。仕事があるのに、働き手がいないというわけか。うちなる神に相談してみたら?」
   (Sekiさん「君のうちなる神が、そんな働きが出来るわけがないじゃないか。
    そりゃうちなる神はおやがみ様と同じといえば同じかもしれないが、
    うちなる神となった時点でおやがみ様とは、もう別の神様になって
    いるんだ。
    第一ヒエラルキーの高さが違う。同じおやがみ様を持つ人間は、
    別に君一人ではないのだよ。」
    ワタシ「そういうことなんですか!」)

ワタシ「それが、いくらおふだを使って浄化をしようとしても、全然効果がないのです。」

ワタシの会社では、技術のある人をネットワーク化し、在宅で働ける環境を作り、企業からの仕事を受注する窓口事業も行っている。昨年末に受注した仕事を、ほぼ受託可能だと言っていた人から断られて、別の人のスケジュールを確認していたのだが、見事に全て詰まってしまっていた。今まで断られたことが無い人からも、予定が合わないとの理由でよい返事がもらえなかった。このままでは、仕事を出してくれている企業に迷惑を掛けることになる。何とかしなければと、手当たり次第、連絡しようとしていたときだった。

Sekiさん「今日は、かなり強い力がかかっています。何が起こっているかは、今日のひつく神示を見れば分かるでしょう。だから今日は動き回るより、浄化と上昇をして祈ってみてはどうですか?」
ワタシ「・・・。はい、そうします。有難うございました。」
   (Sekiさん「動き回るな、というのは、今日のような日に
    ブログを書いたりするな、という意味も含まれて
    いたんだ。こんな日に書くから、勘違いした内容の
    ブログになってしまうんだ。」)

しばらくすると知人のHさんから電話があった。
うちなる神は働いてくれているのでもう少し頼ってみてはどうか、あなたの能力もあがるはずだ、という内容だった。
   (これも、うちなる神ではなく、おやがみ様のことだった。)

滅多に落ち込まないワタシだが、今日はすごく落ち込んでいた。前日の夜は眠れず、一日中、右目の奥や右後頭部、首、腰、下腹部が痛かった。耐えられないほどの痛みではないが、複数個所が頻繁に痛くなり体調はボロボロ、頭も働かない。調子の悪いとき以外は、アポイントを取るために連絡をすると、相手からワタシが内心希望している日時を指定されるなど、こちらの思い通りに事が運んでいたのだが・・・。
早めにベッドに入り、浄化をしながら祈る。今までにSekiさんから言われた励ましのことばばかりが頭に浮かぶ。「イギリス兵のようになりなさい。日本兵は、今日の戦いに敗れると責任を取る意味で命を捨てる。イギリス兵は、今日は敗れたが明日は勝とうと寝る。生きている間にしかできないことは多い。」
少しうとうとし始めたときに、君はひとの心遣いを笑っているだろうというSekiさんらしき声が聞こえたかと思った瞬間、キーンという耳鳴りが起こり、頭の中に電流が流れるような衝撃と共に、音が鳴り響いた。その音がだんだんコラー!コラー!コラー!コラー!と聞こえだした。コラーって、怒られてるの?・・・。しばらくすると、鳴り止んだ。
何、今の?これは、うちなる神の声?
   (やっぱりこの声も、うちなる神ではなく、おやがみ様の声、
    なんだろうなぁ。)
それにしても、人の心遣いを笑っているつもりはないが・・・。ひとって誰のことだろう?ひょっとするとワタシはうちなる神(おやがみ様)を信用していないということなの?
うちなる神(おやがみ様)に助けを求めて、この現状を解決できるはずがない、何をバカなこと言ってるんですか?と、どこかで笑っているということ? それを指摘されているということ?
   (おやがみ様にしか、そういう動き方はできません。というSekiさんの
    言葉が浮かんでくるようだ。)

そういえば、1月4日の夜、テレビを見ていると、頭頂に割れるような激痛が走り、居ても立ってもいられなくなった。激痛が走る直前に思った、ゴッドブレインサイトをチェックしないとね、を実行してみると、不思議なことに痛みはどこかに行ってしまった。そこで、発見したのが、AICAMOさんの新しいひつく神示と霊界ものがたり。このとき、もしうちなる神(おやがみ様)の声が聞こえたなら、見ろー!見ろー!見ろー!見ろー!だったかもしれない。
深夜眠ろうとしたときに、また、先があまり尖っていないヤリのようなもので頭の天辺をドンドン突かれているような痛みに襲われた。今度は、最終知識でチャクラについて記載されている箇所を読み直す必要を感じたのに、明日にしようと思った直後だった。仕方なく、起き上がって調べてみた。
「脳の中心にある八番目のものともいえるチャクラ。そこは人間の身体における神の座なのだ。」という文章を発見した。
   (確か、Sekiさんは、君のおやがみ様が使っているのはヤリではなく
    扇子だと仰っていた。)

明日になれば、良いことも起こるかもしれない。今日はさっさと寝よう。

Sekiさんに昨日の夜に起こったことを説明し、ワタシの見解を述べてみた。
Sekiさん「その解釈でよいでしょう。新しい回路ができつつあるのでしょう。外に向かって働きかけができるのは、うちなる神(おやがみ様)なのですから、お願いして協力してもらったら?」

今日夕方、数人から、何とか調整して頑張ってみますという嬉しい返事が来た。これで、ぎりぎり納期に間に合う。良かったー!
この時間のない仕事で、皆が能力を最大限発揮できますように。

こうして、今日修正したブログを見ていると、うちなる神とワタシが勝手に解釈していたことは全ておやがみ様だということがわかる。またワタシはSekiさんから、なんて君は傲慢なんだと言われてしまった。「いと小さき者は救われる」ということばが響いた。
は~。Sekiさんに会って7年も経ってるのに、トホホ・・・