「またなんか変わったぞ・・・」

十月に入ってから、なんとなくまた、何か繊細微妙なところで変化が起こったような印象。消費税も十パーセント。十月に十パーセントとは。

なんとなく、何かの閾値を超えたのではないかと、そんな感覚がある。これから人の頭にまた何か上りそうな気がする。

前までは、何の反応もなかったところに、日が当たり出しそうな。ただの期待がなせることだろうか。

ますます、人の黒い欲の丈を思う時代に入ったような…。

偶然か、「あ、変わったなぁ」と感じたタイミングは、四国徳島の神山町で局地的に一時間に百十ミリの大雨が降った頃だった気がする。家に帰ってからニュース速報が目に留まった。

変な降り方だ。それ以外の場所では雨雲の気配すらないレーダー表示なのに。ゲリラ豪雨では珍しくもないが、『神山』だから?
神さまは時々、そういう不思議な雨の降らせ方をしてもおかしくないが。四国はもともとそういう不思議なところがある。あそこだけ、妙に世界、違うよねぇ、と。。。
感覚と印象の世界になってしまうけれど。

百十ミリ……。

百と十ミリ……と感じてしまうのは、考えすぎだろうか…。

消費税が十パーセントになった分だけ、人の業の結禍も十パーセント増し。
…と、考えてしまうのは、考えすぎだろうか…。