ほんとに、ほんとに久しぶり・・・何年ぶりかの投稿です。
今月の初め、SBM東京サロンの波動教室に参加した時の事です。
波動教室では、気・念・呪・想・霊・魔の波動をそれぞれの波動シールを使って
学んでゆきますがその時に体験したことを記録しておきます。

2021年9月4日(土)
波動教室参加。
それぞれの波動を学んだ後、反応の一番強かったシールと反応した身体の場所に
デバイスをかけることになりました。
身体が反応した場所 鳩尾、すい臓のあたり、シールは念or霊。
(最近この辺りが重い)
念のシールとデバイスをかけしばらくすると
「この世のなれの果て,わが身能わず」の言葉を感じる
(以前も浄化上昇の折に聞いた様な?)
霊のシールに変えてデバイスをかけ、浄化上昇。
せきが出る。
少し苦しがっていたが出たがっているのがわかる
「長きにわたり世話になった」
そのまま浄化上昇
平田篤胤さんの事が思い出される。
審判を受け、光の宇宙に行くように伝える。
しばらく浄化上昇、一応済んだようなので終わりにする。

2021 9月5日(日)
平田篤胤さんの事を考え浄化上昇
昨日、頭に入っていたのが言葉になる

 長きに渡り誠にお世話になり申した。
 この世のなれの果て、あまりにも醜く 我身、削らるる想いであった。
 この国、必ずや守り通して下され。
 ヒの国、日本。
 見事に再生し、世界のヒのもととなる様、心よりお頼み申します。
 人の世にありて、美しき心身、何よりも大切であること伝えてくだされ。
 世の末なれど、国、衰えさすことなくみごとに立ち直らんことを
 心より祈り奉らん。
 篤胤、たねのこ。
 わが心引き継いでくだされ。
 精神学を長きに渡り学ばせていただいた。
 誠に持って幸せであった。
 何事も恐れず誠を通して進まるることを切に祈っておる。
 積殿にもよろしくお伝え下さる様お願い奉る。
 わが身審判を受け、あわよくば光となって働くことが夢であった。
 そなたと共にあったこと、こころより御礼申しあげる
 美しきふるさと秋田。
 誠に良き国であった。
 数々の思い出と共に。
 それでは、さらば。
 我友、幾久しくすこやかに励んで下さいます事、心よりお祈り申す。
                         あつたね
 夏の日の 夢と共に 去り行く わが身なり

何年前か確かではないのですが(精神学協会に入る前かと)
ブラジル在住のKさんが大学時代を過ごした秋田に一緒に旅行した折、秋田大学の裏手にあったお気に入りの場所に連れて行って下さいました。柔道部に所属し、毎日ここまで走って来たという小高い場所で、鳥居をくぐるとそこは平田篤胤さんのお墓でした。お墓を抜けた先は、樹々に囲まれ一休みするにはちょうど良い、静かで、すがすがしい場所です。
その頃,私は、古神道の事を少し調べていて平田篤胤さんの事は、知っていたもののお墓がこんな場所にあることは、露知らず驚きました。そして石碑の前でお参りした時に「わが心、奉らん」と言われたように感じ、どう言うことなのか?と・・・心に残る出来事でした。
その後、千秋公園を散策したのですが、公園内の神社のあたりですぐに止んだものの急に雨が降り、すごい雷が鳴り響いたことが今でも印象に残っています。
今調べるとそこは弥高神社で平田篤胤さんが祀られている神社でした。
その頃から、私の中にいたのでしょうか?
今思うと、精神学協会に入会した時に「真の生命(いのち)、輝かせてくだされ」と伝えて来た男の方は、平田篤胤さんだったのかもしれません。審判を受けるということでしたが、何日か様子を見ていましたがその後の事はわかりませんでした。
その後、命の書の事が気になり登録いたしました。