光文書は、今と、繋がっている。

読み直しても、今のことと繋がるように出来ている気がする。

そう思いつつ、昨日のクリスマスの朝、4巻の八幡に関する光文書(三百二十四)を読んでいたら、

つるぎ、と、声がしたので。

(2019/12/25 9:45)

みがきたててあはれなり

つるぎ

つるぎ

てんからのつるぎ

いとたかき ひかりのつるぎ

たちてたちて

おんみもとより

いすらえるより

さずかりしかんみ(神御)のみたま

そのつるぎを

たずさえて

アーク(聖櫃)

きたる

きたる

やわた

やわたに

おりてきた

かんみのみたま

おりてきた

もどってきた

もどってきた

ひかりのつるぎ

イエスのみひかり(つるぎ?)

やがていたる

このちのへいわの

おとがかわる

(いすらえる。最近、光文書だけでなく、自分の意識にも、イエスの流れがきている。どこかからの通信。たぶん八幡? 何かが動いている感触。)

(空虚だった、へいわ、という言葉に、また何か音の変化があるのだろうか)

(何か、書かなければいけない気がした)

(アークに、聖櫃の字を当てて)

(おそらく、イエスの光が、人々に継がれて、戻ってきた。再臨した、ということを、クリスマスの聖誕を、示しているような