第三次世界大戦

いま、この日本国を覆っている、武漢ウイルスの影響は、事実上の戦時下といえるものです。そして、人間の歴史を観察すると、近代の科学技術の進歩は、第一次大戦や第二次大戦といった時期に、集中的に人材が生まれ、新しい技術の母体が発想されるということをくり返してきました。
コンピューターのルーツは、暗号解読の研究にありますし、ジェットエンジンやロケットエンジンは、プロペラというメカニズムの限界を突破するための発想から生まれたものです。
こうして、この二十一世紀、初頭の世界の科学や技術の到達点を見てみると、そのほとんどは、第二次世界大戦前に、人間が発想したものに過ぎません。
もちろん、そのなかには、テスラコイルのように、ある天才が到達したらしい技術をいまだに再現することすらできないものもありますが、いまのテクノロジーの出発点を変えることで、その天才の発想に近づく人間が、これから生まれるはずです。
こうした視点で、いまの日本を見ると、その経済の根幹を支えている産業である自動車というものの技術が、実は、戦争中に航空機をつくっていた技術者集団の戦後の働き先として、蓄積されてきた結果であるというのもわかるはずです。
いまの日本経済を支えている、産業技術の根幹は、それほど古いものだということです。
今回の武漢ウイルスの世界経済への影響を考えると、自動車をはじめとする、日本の産業界の中核企業のほとんどが、中国大陸という幻想のマーケットに舞らされ、工場を移転してきた結果が、見るも無残なものになることは明らかです。
それは、政、官、財、さらに学とマスメディアのなかに浸透した中国共産党にシンパシーを感じる多くの日本人が生み出したものです。彼らの多くは、敗戦利得者というべきものですが、その自覚すらなく、世界の平和や友好関係のために、結果としての反日活動にいそしんできたのですが、これからの日本列島では、その居場所を徐々に失っていくことになるはずです。
改めていいますが、いまは、血の流れない戦時なのです。
国家と国家が、戦うことになるのは、まだ、先のこととしても、人間の行き来と、マネーの行き来と、情報・テクノロジーの行き来を、自由にしてしまう選択をすすめてきた人間グループと、国家や地域の文化的独立を守り、国民生活の幸福感を高めていくために、国境というものが必要だと考える人間グループとの、これは意識上の戦争なのです。
いま、多くの普通の日本人は、鎖国、という言葉を思い出しているはずです。その鎖国に反対する勢力が、明治維新以後の日本を支配してきましたが、ここから先は、無念の死をとげた孝明天皇の再発見と、再評価がはじまることになるはずです。
なぜ、ここで明治維新のことが問題になるかというと、明治維新を推進した勢力は、実は欧米の、今日的には国際金融資本家といわれる人間グループの代理人であったという事実と、今回の武漢ウイルスによる第三次世界大戦までの歴史に、連続性があるからです。
この側面を理解しないと、いまの中国共産党の世界戦略と、それに対応する欧米諸国との戦いのなかでの日本のポジションを誤ることになります。
これらは一連のストーリーなのです。
この戦争のなかで、アメリカのFRBに代表される中央銀行制度という近代の資本主義の根幹を支えてきたシステムの限界が見え、それはやがて崩壊するというプログラムに到るというのが、私の見方なのです。
そういう、人類史上の大変換点を用意してきたのが、精神界なのであり、過去の罪深い人間の行動についても、裁き、というものは約束通り行われることを、これから、人間は発見するのです。
こうした時代に、次の人間の社会や文化を支える新しい知の伝達が精神界の上層からなされるはずだというのが、私に知らされていることなのです。
その精神的エネルギーの領域とのコンタクトによって得られた、新しいテクノロジーは、いまの世界を支配しているひと握りの金持ちの富をさらに増やすためには、使えないものになるはず、というのも、私に知らされていることです。
ここから先は、テクノロジーにも光の技術と闇の技術の差が生まれ、そこから得られるマネーも、光のマネーと闇のマネーに別れるタイミングが来るのです。武漢ウイルスの騒ぎではっきりしたのは、中国共産党が手にしたのは闇の技術であり、闇のマネーだったということです。それに従う、日本人も、闇の勢力の配下ということになります。日本人が歴史に学んで、免疫を取り戻すチャンスが、この第三次世界大戦だといえるのでしょう。

二千二十年五月七日 積哲夫 記

 


生きている間に、私の知っていること、考えていることを、言葉のデータとして開放したほうがいいと信じられる事象が起きたので、ツイッターをはじめました。
興味のある方はご覧ください。

https://twitter.com/godbrain_com
https://twitter.com/ShinlogyCom
https://twitter.com/VagrieO