大阪の闇、日本の闇

この二千二十年、日本の明治維新から、敗戦、そして、昭和の終わりまでを規定してきたある種の闇のデータを、表に出す動きが進行しています。それは中国大陸における天帝たる龍のはたらきと呼応していて、日本国内でも天変地異のような事象が、これから続く可能性が高くなっていくことになるのでしょう。
闇とは何なのか。それが、人間世界を覆うということは、どういう社会をつくり出すのか。
その答えを見せているのが、いまの中国共産党の支配地域で起きていることと、いまのアメリカで進行中のマルキストというより、アナーキストによる社会秩序の破壊活動なのだというのが、私の知るところです。
人間の闇が深いところでは、人間の欲望とリンクした、暴力の横行というものが起きます。
戦後の日本の闇というものが、もっとも深かったのが、大阪という都市で、私が何故、大阪文化圏に住み続けているかというと、その闇の処理のためというのが、私を司る存在から教えられているところです。
私が、父の転勤で大阪に来た時に、はじめて大阪環状線に乗った時に見たのは、昭和二十年の大阪空襲で破壊された大阪陸軍造兵廠の跡地でした。それは、西南戦争の時、それまで鹿児島にあった陸軍の弾薬をつくる工場を東京政府が、大阪に移転してしまい、西郷をして、「しもた」といわしめた、いわくつきの工廠の最後の姿ということになります。
その前に住んでいた広島は、原爆で破壊された街ですが、ここには、大日本帝国の第二大本営が置かれていた軍都でもありました。
その広島も、大阪も、戦後の復興期に、街を支配していたのは暴力で、そこにさまざまな政治勢力もからんで、今日まで続く、在日や同和、その他さまざまな問題の出発点に、この敗戦後の動乱があるのです。
なぜか、そうした情報が私のもとに集まってくるという不思議な経験を積みながら、私は、そのダークサイドとは、まったく別の方向のはたらきをするように、仕向けられたのですが、精神学協会の会員のなかにも、こうした、ダークサイドの情報を集める特性を持った人間がいるのは事実です。
そのひとりが、前回紹介した、かい人二十一面相の犯人を知る人物ですが、そのほかにも、生前に大阪で殺しの軍団として怖れられた、旧柳川組の組長だった柳川次郎(梁 元鍚)の知己を得ていて、精神学のプログラムによって、その柳川次郎の死霊とコンタクトできるようになってしまった会員もいます。
その霊界からの通信、または、伝言のようなものでは、日韓関係のある時期、朴大統領の暗殺後に、KCIAの解体などで、空白が生じたタイミングで、日本の中曽根康弘首相と韓国の全斗煥大統領の間で、柳川次郎がはたした役割などが語られていて、それは、私が知らされている別ルートからの日韓関係の闇の歴史のデータと照らし合わせても、ホンモノとしかいいようのないものなのです。
そうした、政治面での闇のほかにも、日本の歴史には多くの闇があり、それらは、闇の向こうに永遠に置かれていると、これまでの人間は考えてきましたが、どうも、そうではないらしいということが、この時期にはっきりしてきたのです。
これから出てくる、こうした歴史上の闇のデータとでもいうべきものは、日本史のなかにも多くあり、それらの多くは、これまで、日本型の陰謀論とでもいうべきジャンルで扱われてきたものです。
最後の審判ということは、そうした闇の向こうに隠されてきた過去の人間の行ないまでを含めて、光を当てるという行為のようなものです。
いまの時点で、私がこの光文書で公開してもよいとされているのは、この程度の予告の予告のようなものなのですが、その過程で大日本帝国がなぜ、あの戦争において、あれほど無残な負け方をして、その負債がいまも重くのし掛かっているのかの理由もわかるはずです。
日本列島上において、この光と闇の最終決戦が、生きている人間の意識と身体のなかで進行することで、その他の世界の流血は最小限に抑えられる仕組みがそこには働いています。
アメリカと共産党の中国の戦いが、核兵器を使ったホットウォーにならないようにとの天と地の神々または、精神界の存在の配慮がそこにはあると知ってください。
たぶん、この夏から秋にかけて、日本の歴史の闇の結界が切れます。そこで、かごめ歌の後ろの正面に、私たち日本人は、自分達のもうひとつの正体を見るのです。

二千二十年七月二日 積哲夫 記

 

「かい人21面相チャンネル」は、こちらです。


生きている間に、私の知っていること、考えていることを、言葉のデータとして開放したほうがいいと信じられる事象が起きたので、ツイッターをはじめました。
興味のある方はご覧ください。

https://twitter.com/godbrain_com
https://twitter.com/ShinlogyCom
https://twitter.com/VagrieO
https://twitter.com/VAGRIEofficial