地の祟り

この二月のある日、私は、光のトマトを昨年までつくっていた、ビニールハウスに行き、不思議な体験をしてきました。そのハウスに入った瞬間、私の頭には「タタリ」という言葉が響いたのです。
天神地祇という言葉があります。いうまでもなく、天神は、天に座を持つ神々のこと、地祇とは、この地におわす神々のことを示しています。
そのハウスは、昨年、病気等の発生もあり、収穫量が減少するなどのことがあったといわれています。それ以上に、私が気になったのは、その土地の所有者の方が、体調不良になられているということでした。
なぜ、こんなことを報告しているのかというと、昨年末、私には次のような精神界からの伝達があったからです。
「天の用意が整うと、地が動き出す」
この地が動き出すということは、地の神、つまり地祇のはたらきがはじまるということのようなのです。
普通の日本人のたましいは、天の神々のわけみたまと地の神のわけみたま、の両方をいただくかたちで形成されています。一神教の世界では、これがちょっと違うようなのですが、それは、この世というか、地球全体のこれからの課題、今回のテーマではないので置いておきます。いま問題なのは地の神だからです。
日本列島では、たとえば、農業をするものや山の仕事をするものにとって、地の神々の祟りというものは、身近なものでした。その他の地域では、一神教の影響もあってか、ほとんど、地の神の祟りを怖れるという文化はないようです。
地の所有者は、一神教の唯一の神なので、その神から地上の土地も人間も支配することが許されたものにとって、もしそういう事象があったとしても、それは、悪魔の所業ということになるからです。
こうして世界は分割され、いまの世界の秩序というものが生まれました。
今回の武漢の新型肺炎というものも、昔の日本人の感性でいうなら、地の神の祟りにほかならないことを、私たちは思い起こすべきなのです。そのウイルスが人為的なものであれ、自然由来のものであれ、ここまでの感染の拡大を許したのは、中国の風土と、その地域を支配している共産党という無神論者の人間グループの行動様式にあることは明らかでしょう。
今日の共産党が、支配している地域において、その政権が成立した千九百四十九年から、毛沢東の指導のもと、大躍進から、紅衛兵の造反有理のスローガンのもと過去の文化遺産を徹底的に破壊した文化大革命の終焉までに、約一億人が殺されたといわれています。
大陸における、権力の交替は、各王朝の歴史を見てもわかるように、莫大な人的犠牲のもとにくり返されてきたのは事実ですが、それにしても、この中国共産党の数字は異常でしょう。ただ、共産党というものの歴史では、この殺戮は異常ではなく、ロシア革命からソ連邦崩壊までの犠牲者の数字も途方もないものでした。
これらの死に対する責任を、これまでの宗教的知識では、ただ、神に問うだけだったはずです。
その回答が、いま届きつつあるというのが私の認識なのです。
そのはじまりが、実をいうと、アメリカ大陸における先住民の殺戮の責任を、問うために、いまその土地で生まれている人間たちのたましいに、殺された側のたましいと、殺した側のたましいが振り分けられて入れられ、これらの人間が同じ社会で生活する場では、治安の悪化や憎しみの連鎖が生じています。そこに、肌の色は関係がありません。
この人間にたましいを入れるむすびのはたらきをする神格が、日本名ではシラヤマヒメとされているものです。このシラヤマヒメ神界は、世界中の白き山々を結ぶもので、そのはたらきが、グローバル化したことを、いま進行中の事象は象徴しています。この天の用意があって、これに呼応するように、地の神々が、これまでの人間の行ないに、ある種の神罰を与えるはたらきをはじめた、というのが、私の認識なのです。それは、一神教の世界で生きている人間の人知をはるかに超えています。
私がくり返しお伝えしているように、米中の経済戦争によって、資本主義も死に共産主義も死ぬということの根拠に、この天神地祇による現行人類のたましいへの裁きがあります。
日本の精神界において起きたことは、全世界の精神界で起きます。たとえば、先の戦争で死んだ、日本人英霊のたましいは、どこかに保存され、私のはたらきに伴なって、復活し、あるものは光のものとして日本を守る戦列に加わり、あるものは、人に降りて、新たな人生を歩んでいます。これらのことが、日本で起きたということが、今の世界の精神界に、すでに伝播されており、情報共有されているのです。
アメリカ人のたましいにも、それは伝わっています。次は、たぶん、ロシア人、その次には中国人というように、人類の無意識領域に、その知は伝わるのです。

二千二十年二月二十日 積哲夫 記

 


生きている間に、私の知っていること、考えていることを、言葉のデータとして開放したほうがいいと信じられる事象が起きたので、ツイッターをはじめました。
興味のある方はご覧ください。

https://twitter.com/godbrain_com
https://twitter.com/ShinlogyCom
https://twitter.com/VagrieO