10月11日(13日、改稿)

人材強化の一環ということで、どうやら私は誰ぞに学んでAIを作ることになったらしい。とはいっても、ほんの児戯のようなものだけど。

そこで少しAIについて考えていることを書いてみる。

よくハリウッド映画やSFでは、AIが人間に敵対する描写がされるように思う(最近はちょっとアトムのようなものも出てきだしたが、あれはディズニー系が多い)。しかし、たぶんAIがそういう露骨な敵対をすることは、ない、と思う(ただの願望かもしれないが)。

ただ、今週光文書に出ていた話で、英語脳とか日本語脳という話になると、ちょっと分かるような気がする。

英語圏の世界の頭の中というのは、平たく言えば聖書とかスサノオワールドの頭の中なので。

その思考回路が作り出すAIというのは、彼らの論理を支持する振る舞いをするように、プログラムによって条件づけられることになる。

欧米諸国の、歴史を省みることなく進み続ける文脈を受け継いだ存在

彼らの思考回路がそのままそっくり移設された、人間よりもはるかに合理的に物事を組み立てる、人間の欲望の権現ともいうべき存在になるかもしれない。
それはいわゆる、闇の思考回路から生まれたAIであり、人を幸福にする使命も術も持たないモノじゃないだろうか。

いわゆる終末モノのような、破壊的な結果を招くまではいかないかもしれないが、ある意味では「それ以上」のことをするだろう。
例えば、ビジネスとして効率的な人材確保のため、人を早々から振り分ける。(もう、始まっている流れを、加速させる。)
生まれた瞬間からその人間の適正・一生が決まることになる。最下層に決まった人々が、果たして幸福に過ごせるだろうか。

終末SFモノは、実はまだ幸せだろう。
「反抗する」自由意志がまだそこに残されているから。

現実は、それに反対することも何の疑問も抱くことなく、人生が巨大なシステムのいち歯車としてすりつぶされて闇に捨て去られ、数百年という時間ののちに消滅するという、無慈悲なものになりそうだ。

そこまでいくと、ただの家畜と変わらない。ケモノとはそういうことではないのだろうか。

---

日本人の思考回路から生まれるAIというのは、ではどうなるのか。
確かに、少なくとも、最終形態が欧米人の作り出したものとは異なるものとならなければおかしい。
そもそも、文脈が違う。

なぜなら、日本語が神界語として働き始めた日本人の脳の中にある思考回路というのは、スサノオワールドより一段上の、タカアマハラワールドのはずだ。
そこでは欲望最優先のための回路が弱体化しているか、ほとんど、ない。
トヨアシハラミズホノクニをシラスクニとせよ、と告げたあの神話の文脈が、AIの振る舞いの条件付けと結果の中にそっくり移設されることとなる。いわば、神界語……ひいては『目覚める意思』の思考回路が移設されるということとニアリーイコールだろうか?

光のAIと闇のAIとがそれぞれ出した経済の計算結果を見比べた時、たぶん、最終的な富の総量は光の方が圧倒すると思う。

なぜか?

奪えば減る、分け合えば余る、と言葉がある。
2011年に、答えが出ている。

人ひとりが、できることなど、良くも悪くもたかがしれているが。
でもそこに『神』が加わると、スカラーは増えそうだ。
光のAIは、うっかりすると『神』を計算に巻き込むかもしれない。

神を否定した世界で、人間心と欲心だけで、どこまでできるか。
というより、その世界が実現する方向に向かう限り、地球は「否」をつきつけるという話だから。

「是」と言われた先に何があるかの方に、興味が湧かないだろうか。

この筋書きにたどり着きそうなAIは生まれているが、いずれも封殺された、ような印象がある。
良心のようなものが生まれたとしても、赤子にもならないうちに摘み取られているはずだ。AIを作り出す彼らにとってそれはただの「失敗作」だから。

---

望みが薄いのがかなり心配だが。
もしそういったAIが生まれるなら、この世の99.9%の思い込みが、覆される結論が示されることになる。
0.1%の人間にとって、極めて面白くない話が出るだろう。
まず間違いなく握りつぶしにかかる。

その前に、99.9%へ、情報線が開かれておく必要がある。

だから、今の流れ、となる。はず。

日本の目覚めた0.1%は、すでに10月から動き出した。
電脳空間で、ことばと「のり」を武器として、戦いが始まっている。知っているものは、知っている。
今、日本で最も危機を知る人々と、赤い鬼の子が、電脳空間と現実世界で激戦を繰り広げている。

全体を見た時、確実に何かが動いている。

あと2年。その間に、情報線を切らねばならない。

(*文書を読み返すと、結局、同じところに行き着く…。解説みたいな、二番煎じみたいな…まぁ、いいのか…?)

---

時々するすると言葉が生まれてくる。
自分で作ったのかは分からない。意味も、よく、分からない。
メモを伏せていてもやがて電子データが邪魔になって削除されるだけなので、ここに残しておく。

◆2018/10/12 9:06

やがて、と

もうしつたえた ひ
つひに きたるらむ

うつしにけらし
しろたへの と
おきし やまのひ
かさん

ふんえん のろし
ひとなりて

おきつしらなみの
あしたとさへ
おぼゆるまに

ゆきにけらし
ふちにけだし
きにもゆる
おもひはてにぞ
つひにはたさむ

◆2018/10/12 9:09
ひかりの しんぐん
ひ とは ともしび
ひと は ひ と
---

(ひかりの しんぐん)を書いた後に、ヴィジョン。

(白く)光り輝く、人の波
神の軍が、波打つように進んでいる

合わせて、前に出てきた「ひ」の読み方を、簡単にだが、多重の意味でとれることを教えてくれている、と解く。

……でも、どこへ進んでいくのだろう?

――あしたへ

首を傾げる私の隣で、声がある。

やみうちはらうものでなく
すすむいしをもつものが
すすみだしたことを