No.43

昨年の秋 実家の家屋が有形文化財に登録されました。

それを期に わたしの人間世界の出来事も変わりました。

ご先祖様の残してくれた家屋の価値をつけていく事業の始まりです。

また、6月上旬に 新しい素敵な話が、元お姑さんから舞い込み、スナックを開店することになりました。

流れがあるときは とんとん拍子にやってきます。
わたしは昔からスムーズに流れがありますが、今回のような愉しくて面白い話は初めてでした。

まさに天からのおくりもの、天の配剤です。

また、スナック舞い込み話と同日に、妹が入籍したのも嬉しかったです。

9月1日のオープンに向けて 妹夫婦が開店準備をしてくれています。

わたしは、19日~24日まで 宮城県仙台市にある東北大学病院での検査入院です。
肺移植の準備で、最先端の医療を体験させていただき勉強になります。

18日まで予定が埋まっていますから、ありがたいです。
行ける場所、働く場所があるということはありがたいことです。
わたしを必要としてくださる存在がいてくれることに感謝です。

わたしは目が不自由なため働き口がありません。
でも、今回のスナック舞い込み話があり、ピン!と来ました。
これなら目が不自由でもやれる!とひらめきました。
そしてわたしのような立場の人にも働いて欲しいと思いました!

身体の丈夫な妹夫婦が協力してくれて、島道鉱泉に暮らしているMさんが応援してくれて恵まれた環境で張り切って働けます。

現在も、6歳に発病した肺と目の疾患のため、山ほどの薬を処方されています。
在宅酸素も強要されています。
でも、わたしの身体は薬が合いません。
酸素も合いません。

ゆえに、日頃の生活は、自己責任で判断して、医療に対応しています。

幼少期から、わたしは明るく前向きマイペース、いつも笑顔でハッキリ発言する!でした。
だからわたしは元気なんだと
(笑)最近つくづく思います。

今となれば祖母の教えというより 実家の環境が わたしの性格を自然に作り出したような気がします。(笑)

じぶんがされて嫌なことはしない!

じぶんにも他人にもしてはダメだということを わたしは身にしみています。

世間はお盆でご先祖さまにご挨拶のお墓参りのイベントが盛り上がっています。

わたしは毎日がイベントのため、お墓参りより、毎日、朝起きたら、ご先祖さまはもちろん、神様と、他人様(わたしに関わってくださる)全てに感謝の言葉を発しています。

わたしは、独り言が大好きですが、必ず何らかの存在が聴いていてくれて、共感してくれたり、叱咤激励してくれたり、してくれていると信じています。

だから わたしは ひとりぼっちではありません。
しかも一番強いじぶんがついています

今日も朝起きて 神様、ご先祖様、他人様に感謝しました。
そして、わたしのやることなすことを観ていて欲しい!と宣言しました。

今日ある命を大切にして本来の魂のプログラムを忘れずに選ばれた唯一無二の人たちを巻き込んで行きたいと思います。

この場をお借りして

精神学協会会長 積哲夫先生、そしてわたしを導いてくれた何田匡史さまに感謝致します。

ありがとうございます。

http://shimamichikousen.com/