ようこそ

~勇気の成果~

No.24

2019年になり、家業を引き継ぎ7年を迎えました。 今まで、あまり両親との時間を作りませんでした。 それは、どこかでじぶんの役割を放棄したい!逃げたい!止めたい!そんな気持ちがあったせいでした。

でも、現実からは逃げられません。 逃げたくても逃げられません。 逃げた気になっていても現実は酷くなるばかりです。 だから最後はじぶんが覚悟を決めてやるしかないのです。

昨年は、色々のことを整理して区切りをつけました。筋道が違うことばかりしていた事と決別したかったからです。 そうして、また0からやると決めました。 そして、苦手だった存在や逃げていた存在と面と向かい関わることに決めました。

すると、どうでしょう。毎日が楽しくて、愉しくて、仕方ありません!

親から聞く過去の出来事は壮絶で激しく、それでいて納得できて府に落ちるので、最後は『なるほどねぇ~』と思わず声が出ます。

真実を知れば知るほど、どんどん話が繋がります。 その話は新鮮で、私の心を癒し、気持ちを軽くし、ワクワクする話へと展開していくのです。

よくよく聴いて突き詰めていくと、すべて理屈に合い、今日に繋がる話ばかりなのです。

天然ガス、鉱泉、天然水、わたしが暮らす家は、人の力で造られたものですが、話を聴けば聴くほど何もかもが、ずば抜けています。

しかも、知らされる新事実は、嘘のような本当の話ばかりで、笑いあり涙あり、充実した時間を頂いています。

『もっと早く、勇気を出して親と向き合えば良かったなぁ』と思う瞬間が幾度もあり、母親の屈託ない笑顔がプラスされて、反省しているわたしの心を和ませてくれます。

母親との昔話は、じぶんの性質や特徴が、幼少期からだったと確信できるものばかりで、恥ずかしいやら、面白いやら、毎日、時間が過ぎるのが早い気がします。

『いつまでもあると思うな親と金』 『親がいてありがたいと思え』 『姉妹がいてありがたいと思え』 『暖かい家庭がありありがたいと思え』

最近、祖母の言っていた言葉をよく思い出します。

両親は偉大だ!祖父母は偉大だ! 行き着くところは、大自然の中での不自由な暮らしを生き抜いてきた人達は偉大だ!と思わずにはいられません。

わたしも、この不自由な暮らしが結構、気に入ってます。 役割があり、この地に生まれたのだと思います。

魂の役割。データ開示。信じることの必要性を重視しながら、これからもお気に入りサイトを拝見いたします。

https://shindara-channel.com/category/shinmaga-2/

今日ある命を大切にして、役割を全うしたいです。

ありがとうございました