11月3日に、アメリカの大統領選挙が行われました。
前回と同じように圧勝すると思われていた現職大統領が、今回は負けたということでメディア報道されているのですが、まだ集計も終わっていない州や不正が見つかった州もあるので、法廷闘争に持ち込まれるようです。

複数の情報源からわかったことは、大統領選挙での不正投票というのはこれまでも過去にありました。そして決着がつかずに揉めるということもまま起こることだったのですが、今回のように大掛かで大胆な不正投票というのは、初めてです.

これからそれらのことは検証されていくと思うのですが、すでにアメリカのマスメディアによって バイデン勝利ということが 喧伝されています。ある意味マスコミを使って勝利を既成事実にしようという目論見があるようです。
こういう誘導があっても、トランプ大統領による敗北宣言はなされないでしょう。徹底的に戦うと思います。

今出ているのはメディア側の票集計でしかなく、きちんとした確定ではありません。それにつられて、いくつかの国ではすでにバイデン氏に祝電を送りました。もちろんわが国の首相も早々に祝意を送っています。このことによって日本の現首相がアメリカのどこと繋がっているのかというのが見えてきます。

選挙投票前から、アメリカの民主党側には様々な疑惑が浮上していました。
2期目にトランプ氏が当選すれば、バイデン氏を始めヒラリー氏、オバマ氏などの政府の中枢にいた錚々たるメンバーの過去の所業が追求される危険性があったので、民主党は総戦力を持って今回の大統領選挙に向かったようです。その大胆な不正工作を見ると背後には、アメリカの民主主義のやり方ではなく、『どういう方法であっても勝てばいいんだ』という大陸の戦術『超限戦』の姿が見えます。

面白いことに、中国とロシアは現時点では、バイデン氏に祝電を送っていません。
法廷闘争に持ち込まれ、その上数々の不正工作が明るみとなった場合、バイデン氏ではなくトランプ氏が当選したことを考えての姿勢なのかもしれません。

どちらにしろ、日本の現首相はメディアの報道を信じてすでに祝電を送りました。
これで、最終的にトランプ氏が当選した場合、 日本の立場は大きく変わります。
前・安倍首相が構築したトランプ氏との信頼関係は、全く消えてしまいます。そういう意味でも、大陸にとっては日米関係に楔を入れるというひとつの目的を達成したことになるのでしょう。

世界を見ながら、国益を考えて動けない首相は、今の動乱の時代には不適切です。
次の衆議院選挙では、自民党離れが起こることも考えられます。

一方で、株式市場では不自然な株高になっていますが、これはドル安円高ということです。もしも、これらが自然発生的なものではなく、ある目的をもって大きな資金を市場に投入し、ドル安になるように画策されているのだとすれば、次に来るのは仕掛けられた大きな経済の混乱なのかもしれません。

いずれにしてもアメリカ内に混乱を起こし、その帝国の力を削ぐことが目的だとするならば、日本も自分たちで考え自分たちで動くことを始めなければ生き残れません。戦後、一貫してこの国が付きしたがっていた帝国は、もうないのですから。