ようこそ

いのり ~ひと の ちから~

てんごく と じごく
それは しんだ あと に
いく ところ では なく
いきて いる あいだ に
ひと が つくりだす じくう

あいて を のろい さげすみ ひてい する
その こうい が
ひとつ の じごく を つくりだす
そして ひと を のろった じぶんじしん を 
じごく に とじこめる

しんだ あと に じごく に いく のは
じぶん が そのよう に いきた から

じごく を つくる ひと の ちから は
てんごく をも つくり だす

どんな ひと も
ひかり に つながる こと が できる
いきて いれば
きちんと いきて いれば
しんだ あと にも
ひかり に つながる こと が できる

いきている あいだ に
すこし でも ひかり に みとめられる 
いきかた を する
そうすれば ひかり の せかい に いくこと に なる

くい あらため れば
じごく を てんごく に する こと は かのう です

いま の じだい 
いきている あいだ に てんごく を つくる こと が 
もとめ られて います

それが ちしき です

かんじょう に み を ゆだねる のは やめましょう
いやな こと が おきた とき
あいて に あく かんじょう を いだいて は いけません

げんじょう かんさつ
じょうほう かいせき

いやな こと が あった とき
わたし は じょうか と じょうしょう を する
せんじつ じょうか と じょうしょう した とき に
「じょうほう ていきょう ありがとう」
と ことば が とどいた

さばき は てん に ゆだねなさい
かんじょう で うごいて
じぶん が ふり な たちば に たつ 
ひつよう は ない のです

てん は みて います
おてんとうさま は みている の です

おおくの ひと が
じぶん に はずかしく ない いきかた を する こと で
じぶんじしん が たのしい ひび を すごす こと で
この よ に みくに が あらわれ ます

どうか この よ に みくに が もたらされ ます ように

ひと の いのり は てん に とどく
だから わたし は いのり ます