通信

<通信>

2012.9.11(火)13:12 ~記

ハナ の しくみ は
少し わかりにくくて
わかる もの に しか
伝えられぬ(ん)でな

ハナ・華 の 仕くみ(仕掛け?) は
わかる もの に しか
伝えられん(ぬ)でな

ことば では
伝えられぬ(ん) せいしつ(性質)の もの でな

アクマ と テンシ の
グレン で かえる しくみ を
伝える もの でな

ハナ の 仕くみ を しる もの は
この 世 には ほとんど おらぬ でな
おらぬ とは い(言)え
まったく おらぬ もの では
なくて な
ひふみよい・・・ くらいは
おるもの でな

しんぱい は いらぬ でな

かみがかり
しんぱんの
しくみ つたえ(へ)る
もの でな

ようい の できた もの から
ちゃくちゃく と しんぱん の せき(場)へ
おくりこまれる
もの でな
ハナ・はな の しくみ は
そこで つかわれる もの でな

ひふみよいむなやこと
さかさま に よんで みよ
とこやなむいよみふひ
そのなかに ひみつが ある でな

ひふみよいむなやこと
そのなかに しるされて おらぬ
ひみつが
しるされて おるでな

なむよいこと しるやなこと
ひふみ よみつがれ
なむよいこと しるやなこと

とこのかみ より おでましのおそい
なにものかが このよを しはいしていて
そのかみの いうところの あるものが
このよの じげんばくだん として
おかれている と いふことぢゃ
ひふみ つたえきたりた
かみがみ
おりてのち
どこへいったのかは
そなたは しって おろう

そのかみがみが
ぎゃふん と いふた
ものものが
もうぢき このよに
あらわれでる(きたる) と
いうことぢゃ

それは そなたらが
おもうておるような
きょうふのだいおうの
かたちは
しておらぬ ぞえ
きょうふのだいおう すら
おそれる なにものか が
このちに くんりんしていた と
いうことが
わかるだけの
こと ぢゃ

ふみよむ
ものなら
しっておろうて
そのものの
しょうたい
こんりんざい
あかされる
ことなく
このち まで
おくりつがれて
きたことを

ふみよむ ものなら
しっておろうて
このよ に おいて
かちのあるもの
なきもの
そのさきにある
ものの たしかさを
しるために
ついやしてきた
じかんの ながきこと

ふみよむ ものなら
しっておろうて
そのものの つかさどる
ものの
うちゅうの なかにある
かち を
よみとけるものなら
といてみよ と
なぞをかけた
そのものが
おちた
わな の ことも

よげんは
この くに を
みちびくために
おかれたが
この くに の
ひとびとは
そのよげんを
みちびくものとしては
みなかった
と いう ところ に

かみ と ひと の
かたち の あらわ(は)れ が
あるので あって
もはや
かみのみことばの
とどかぬ くに に
なりはてた
このちに
ふるものは
ちのあめ ぢゃ

ふぢ フジ ナルト
イワト ひらき は
しっぱいすると
おおきな
おお(ほ)ごとに
なる でな
こころして ゆけよ

ナルト サカマク モノ
チリテ のち
ひらけゆく ものが
ある
ナルト の しくみ(仕組) は
成戸
では なく
鳴戸 の ほう が
ただしい の ぢゃ から

鳴った戸の
開き方で
わかれるものが
あるのぢゃ

鳴戸 開き は
むずかしい ぞよ
鳴戸 開き は
海 の  底 ふか(深)く
沈(没、鎭)んだものを
ひ(引)きあ(上)げねば ならぬ よで(ので)
むずかしい ぞよ

うみのなか に かくされた もの を
み(見)つけるのは
むずかしい ぞよ

はなのしくみ は
ナルト(鳴戸) の しくみ と
一対(いっつい) の
ものよぞ

はな ひらいて
なると ひらくか

なると ひらいて
はな ひらくか

それに よっても
けつまつ が
ちがって くる ぞよ

はな の しくみ は
なると の しくみ より
かくされた ものが おおくて
ヤヤコシイ(ヒ) ぞ
・・・

コメントを残す