通信

*2012年6月15日の光文書に関連する通信のようですので、掲出いたします。

<通信>

2012年6月15日(金)17:30 ~記

アリ クンデラ(?)
なながつ の
おと ひきて
よに あるものの
もと を とう(問う)
もの が
とうらい する
それは よの はじめ に おかれた と される
ものの しょうたい(正体) を
明らかに するもの
あばく もの では なくて
あらためる もの で あり
ほろぼす ものでは なくて
よ を つなぐ もの
で ある
クンデラ(カンテラ?) と
よぶ そのもの が
あり よ を おこす もの

ある
よげん の じょうじゅ
ではなく おかれた よげん を
おわらせる ために
つかわされた もの で ある こと を
わすれては ならない
ひ (六芒星、五芒星、イセ) の
ある ところへ
おかれた
ものが
すがたを あらわす
と いう こと に
すぎない
みち を
みず を
しめし
なながつの
とびら は
ひらかれ
やがて くる
はち の つき
きゅう の つき
じゅう の つき
そして
士(じゅういち、11、土)
1 2(じゅうに) の
つき まで に
このよ の
えいがの
ほろびる
つぎの もの

しめされて
ろくがつ の
やくそく は
じょうじゅ
される
で あろう
きょうかい の ひ の
あかるい うちに
はやく
その もの を
もやし
やがて くる
あたらしき せかいの
まくあけの ために
つかいなさい

かみよの やくそく
は ひとのよ で
みこと を え(得、へ)
ふたたび の
みち を
たどる こと なく
ひら かれ ゆき
たまう(ふ)

ひと にぎり の
にんげん のみ が しる
しんじつ が
よに でて
みことのり を しる
にんげん の
もと に くだされる

かみ より ほか に
しらぬ もの が
かきね を とりはらい
その しんじつの もの を
はくじつの もとに
さらす とき
つきの しはいの
とし は
おわる

つきのしはい の
おは(わ)り は
あたらしい
ひの のぼり の
はじまり で ある

よる と ひる
あさ と やみ
その さかいめ に ある
ひのもと の
あい を みる
できごと が
おきて
やがて
てん は ち は
あらたな もの に
うまれ かわり ゆく
よげんの としつきの
あける とき
せかいじゅう で
あらゆるものが
もえる のを (うまれかわり を?)みて
きょうがくのこえを
あげる で あろう
つきの しはい の
あける とき
みず は
うまれ かわり
それは やがて
いのち はぐくむ こと の
ひみつ を
このよ に つたえる

いのち の こえ を
しるもの は
この ほし に
いき
やがて
そのこと を しる

( ~ 2012年6月15日 17:51)

コメントを残す