通信

<通信>

2013.1.25(金) 15:40 ~

をと ひき て
つね にも がもな
おと たて る
たて の にし へ の
と びら
ひき たち

たちもちて
けん
はらい
しる

つゆ もち の
をと の ひき さえ
さすら ひにけり

つゆ ひき て まくら
たびね の
もも よ
あけ はな ち
ひ かり
いづ る
いづ(ず)し
いづも の
をと たて て
いは ね
ひき たり
ふみ しく の
の の ごと
さきにける
しらぎく の
ま の をと
ひき て
たて いずる らむ

よに しげれる を(ほ)
かる あし ひき の
つま をとごめ の
さゐ(率)
お(を)きにし は
わが みこ(ミコ) の
さし たる こと にて
さすら ひ に けり

つま ごみ て
あひ さき に ける

よあけ の
まつ の
をと の きき たし

(つまごめ いづるらむ
 よの あけにければ
 つまの をと さへ
 よに あらじ もの を

 さき にし は
 つば さ
 へ に けり
 つば さ
 へ に けり

 をと たち て
 
 か ほ やどる らむ
 よあけ
 ひき たり て
 
 まつ の
 をと ね の
 ひき て
 たち たし)

くに とこ の
あり し ひ の ごと
つま たち に ける らむ

つま たち に ける らむ
よあ け
ひき たり て

つま たち に ける らむ

み に おきて
さく や
この はな
ふゆ ごも り し ほ(を)

さけ る の の ごと
ふれ る
ゆき ね の

おと の たち てや
すにはあらねど

みち みち て
てん にも のぼる
とこ たち の
すえ の ひき せ の
をと たち を
あら ね の あり て
あら しく ほ(を)

つば さ ひき た り て

よ に たつ もの なり

みち みち て
なほ こひしかる は
をと の あら ね の
ひき たる を
しり て なか らむ
よは を つきせ の
をと も たち て
たちばな ひきたり
よあけ つげるらむ

をと の まつ せ の
ひき たる を
まつ せ の をと の
よみ の わたし ほ(を)

くにとこ ひきて …

あーかーねーさーすーーー
よーはーのーをーとーせーのー
よーはーのーをーとーせーのー
つーきーみーてーやーどーるーらーむーはー
てーんーのーはーのー
ひーきーてーあーらーねーのー
ひー つーきー みーたーりー
ひー つーきー みーたーりー

ひつきありゐて
よは の つきせぬ を
たつ もの なり

ひつきありゐて
よは の つきせぬ を
たつ もの なり

ひつき あけ て
つば さ わたし たる
てん かけたる もの の
ありしく を
よあ け ひ に けり
よあ け ひ に けり

まつ とだ に
たへね
ふみしく を
わたしたる
をとのかりね の
よに わたる
もの を
ひき ゐて
あり せば
すめみま の
をと も しらべ と
ただよへるかも

よあけ ひきたりて
まつ を しら べ の
よ に わたる らむ

—————————————-
くにとこ の い(ゐ)の
のれ る をと の
まつ を ひき たり て
すめみま あらにせむ
すめみま あらにければ
よにわたるらむを
みつる よあけの
しれることを
よにありて
なからしむ
ものありて
わたれるものの
ありにけり …

コメントを残す