通信

<通信>
2012.12.13(木)0:37 ~受

(序)
ちよとせ の
みたま の ふゆの
いにしへ の
ふみ よみ つがれ
みたま
あら ため にし を
にし たりて きたり たる
かいご の みの
ごと

ふみ わたし
かけ わたし
ゆくる を しる を
みゆ(つ)
つゆ ひい(ゐ)て ひける
をく とせ を
ふみしたまひて

たま ふる を みつる ひの
ごとし にや ありや らん
らん を もちて や
ゆける はしの ね の
みたま の こへ の
さひ より の みづ の みたま(ミタマ)
マタマ ミタマ
ふみよらせる もの を
かぎわ(は)けて

ゆき たる を しる は
みたま あらひ(い、ゐ) たる

なみの ゑ の ごと に
して あれ と まをし つる を

つるを まひて
いかん とも したまふ や
まへる つゆの
をくにし あれば
みたま(ミタマ)
ゆくる を みつる
はて
とも に あり て
てん たからか に
みたま(ミタマ)
あげ たまひ たる

よあけ(ヨアケ) に ふれる
しら(シラ)ゆき や
みたま(ミタマ)
きよめ(キヨメ)の
こえ に して
ひきつがれたる
この みち(ミチ、途) の

ふみ つがれ ゆく
あし をと の
ありて なほ
ふみをしく を
みては ならめと
まをし つかまつる を

よ(ヨ)の あけり(アケリ) と して

みたま ふるゐ(い、ひ)にし
みたま ふるゐ(ひ) にし
よあけ(ヨアケ)

ヨアケ の ばん に
ツル と カメ が
す(統)べった

うしろ ふりむかず
ゆける を みて
てん たかく
みたま(ミタマ) ありて
ミタマ アガタマ
マアカタ(マアガタ)
ミタマ アガタマ
マアカタ(マアガタ)
マアガタ(まあがた) の
よ(ヨ)の あけて

ユクヨの はて にし を
みて

ふみ を は(わ)たす
その
こゑ(へ、え) の ぬし(ヌシ、奴士、奴師、主?) の
み(ミ) の はて を
みたり

ゆくゆくは
つぎつぎ に して
みたま(ミタマ) まあかた(マアガタ)

みたまひ(ゐ)て
たもれ

てんたかく
うた
うた ひ たる を
みて

つき の よ の
はて の
みつる もの を
ゆける

はて の
よ の
あけ の
ふみ
したため たまふる を
して …

——————————————————–
(一)

みたま(ミタマ) ふゆ(フユ) の
ごとに し あれ ば
ふゆ の つき さえ
うまれ に ける を

———————————————————
(二)

ふゆる(フユル) の つき の
つきの こえ の
ふゆる

みたま
しゅくふくの(さちは/わひの)
みたま
あり て
ふみ を
しる

てんは このちに はしを
かけて おいた
はしを たてたる を
みて あり たる を
しゅくふくの
みたま

あらたに したまひて
ほしぼし を つなぐ
てんの こへ(え)の
せん と なす

はてし たまひて
つなぎ たまふ

ふみの
よの こえ(へ)の
きけり

てん たかく
ありし や
みの こと
あり の こと
して

ためだめ たる を
ふみしたまふ を
みて
またの よの

ちゆの いとせ の
こと

とじたまひ たる に
して

てん たかく のぼり みつ を
しる もの を して
はて を とも に
しる もの を して

てんに あらせたまひ
あれ とも に
ゆかん とや
ほっす

平成24年12月13日(木) ~1:06

(オホクニヌシ ミコトノリ)

————————————————————–
(三)

あれ たまへ と まをす つゆ ひの
かけ にし は わたし たる をくひ の
ごとに わたり たまひし を
かけ たる みにを さすら ひて
てん より たかく わ(は)たる なり
はー(あー) と ふきたる
かぜの をくひ たる
わたしたる みちの ひの ともしひの
ごとにし ありてん
ここだくの
つみ いでん
かく つむぎ ひて
てん(む) ありて
なほ したまひたる
つぎしよの
ことを
わたらせ の
いせの をくひ の
いせの をくひ の
みたま ふゆ を
ふゆ を ふゆ を
みたま ふりたまひて
こんしん の
みに ありや と
ひたま ひて みづたま ひて
よ(ヨ)に わたし たる

みたまの
かけはしの
つながれり

つゆとも ありて

おほ(お)くにぬしの
みたま(ミタマ) の つげる
この くに の
みたま(ミタマ)
たまひにし 
みくに(ミクニ、カミ(神)のクニ?)
たまひ にし

よ(ヨ)の あけ てん
てん に みは し
わ(は)たしたり を
             (~1:15)

コメントを残す