空はだれのものでもないよ

11月24日
新幹線の窓から
富士山をみた

とても天気のいい日で
雲ひとつなかった
雲の全くかかってない富士山は
あまり見れた記憶がない

でーーーーーーーんと
富士山が姿を見せてくれた

車内でおばちゃんたちが騒ぎだし
写真をぱしゃぱしゃと
撮りはじめた

だいたい撮り終わると
何事もなかったかのように
隣のおばちゃん同士
またペチャクチャしゃべりだした

富士山て 大多数の人にとっては
こういう扱いだなあ
と想った

富士山を
ぼーーーーーと
眺めていたら

わたしのことは

もう ほおっておいて

じゆうになりたい

もう 構わないでほしい

そんな想いが
伝わってきた

キリキリ怒っているでもなく
どこか
疲れてさみしげな様子
小さな女の子でもなく
大人の女性でもない 雰囲気

切なくなった
あんなに悠々と
そこに存在しているのに

さみしそうだった
かわいそうだった

そうだね
もう少しまっててね

なぜかわからないけど
そう答えた

富士山は
生まれ変わりたいのかな
ちいさなちいさな
ベビーなお山になりたいのかな

富士山の意志と
相反する想いの人は
あまり登らないほうが
いいと想う

そっとしておいてあげてほしい
そう想ったよ

そしてね
もう年が明けたような
体感がある
でもほんとの新年は
冬至の日
なんだよね
楽しみだなあ

グレゴリオ暦には
騙されないよ
ほんとの暦
わたしたちは忘れてないよ

富士山がもっと
小さなお山になったら
登ってみようかなあ

あんなに重いリュックしょって
あんなに高いとこ登れないよ
みんなすごいなあ

こたつに入って
寝正月気分
あああ
ガガちゃん
いい声してるなあ
内臓に響いてくる声

日本語で歌えばいいのに
もっと響くのに

やっぱり声は
骨から
響いてくるんだ

その人の声が好き 嫌い

その人の骨が好き 嫌い
とおなじ

骨まで愛せるか愛せないか

声と
おとで
わかってしまうんだね

新幹線の
おばちゃんたちの声
みみざわりだったな

富士山の
おとは
かわいらしかったよ

コメントを残す