通信

<通信>

2012.11.22(木)午後 受

(1)
よにふけば
はる
らん まん の
をと

ごと

ふるゆき や みな
とかされて
ゆく
みちみ の
ももの おちる
ごと

ふるへ たまひ たる
はる しく の
のに おとされし
もの ども の
こへ ありて

てむ たからかに
あがり たりつる

(2)
み をも もちて
はれたり しつる
みつのや の
をと
ありて なむ
ころも
へ(え)たりて
てむ
たからかに
かけあがる
らむ を しりて

てむ
みち かけ の
ごと みて しく は
はし わたし たる
み の わたれる
つゆ
の ごと ありて

てむ
みち て わたし たる
みち
ありて てむかけたる

みつ

つゆ ひけて
てん(む)らん(む)
なり

わたりたる
かりのねの
わたしたる
をとのはの
ふみ を みづ
わたりて
のちの

わたしたる
ことのはの
ごと
かくも ながき に
わたりたりつる を
しりて

ふみよめば
わたせる
つる
のごと
かしこみ まをし わたし たり

みにあれば はるか とほく に
あり ける を みて しる
は わたし の のち の こと

ありて しる は ことごと
つね なら ね みを おもほほしを
かけて しる は

てむ わたせる をくしもの
もの

わたりたる を しりて のち
かけたまふ
みしや の ともが(だ)ち

わたりたる
ふみ こと づて の
わたり たる
てむ の ふかさ や

わたりて のち に
かけたる を みて
わたしたる ものの
ことを はるか
とほ(を)く
おもふ

わたせる は
つゆの をくしも
わたせるは
みてのち の こと
ふみより とほ(を)く
なりに けり

こん こん しく の
ありて なほ(を)
なからしむ を
みて
まよへる を
しる
みにも
つかはしたり
あ が こゑ の
わたしたる
を もって
いわざる を
みつ

はたしたる
もの をと の
とをく
かきしく を
みれば
はるか に
こえ(へ)て
はたしたる

みつ

わたせるは
つゆ の
を(お、ほ)くひ

なきぬれて
みれば

わたしたる
はてし の
を(お)くに
とどく
しもがね

ね を とじて
かけたり を …

コメントを残す