通信

<通信>
2012.3.12(月)13:38 ~ 記

みことふみ
つたえきた かみがみの (伝え来た 神々の)
審判の とき が
もう すぐ そこ まで
来て おるぞ
注意 しなされよ

神々 と いえども
まなび おえて(終えて) おらぬ もの は
また
はるか の ちより
かけね なく して
戻されるぞ

今度は 行く先が
限られるぞ
うけいれられる(請け入れられる) ものの ところ へ と(は)
こうして
どんどん おくり(送り) こまれて いる ぞ
こうして
どんどん
しんぱんの ひ を まつ ものもの が (審判の日を待つ者々、物々が)
あふれて(溢れて)
ち を みたす ぞ (地を満たすぞ)

それを はらう のは
だれ(たれ) あらん
そなた たち ぞ

てん ち むすびて
はるか の ち より の
かけはし と なるべく
つかは(わ)された
カミガミ の
こと を 知る
もの(者)たちの
お役目 ぞ

はらえる もの は
しらは(白羽) の 矢 を 立て
かみ が みこ と して (カミがミコとして)
つかは(わ)されるぞ
カミ の 代理 として
はたら けよ
むすびたまいた もの を
てん に あげ
はるか の ち へと
かけ あげ よ

それが
さいしょ の とき (最初の時)
より の 約束 じゃ

カミガミ が
なし えなかった こと を (成し得なかったことを)
おこ(御子) が
するの じゃ
はじめ より の
約束 と して
おかれた
そなた たち の
いみ が

あきらか(明らか、つまびらか?) に なる ひ(日) が
こよう で な
白 黒 つけるのは
そのとき の
じゅうざい の
おもに に た(耐)えられるか
いなか(否か) に
かかって おる で な

まなんだ もの は
しって おる

その くるしみの なか に ある (苦しみの中にある)
きぼう を (希望を)

まなんで おらぬ ものは
今 おそらく
きゅうち の ふち に
ある もの も
あろう かな (あろう がな)

それも また
おべん きょう
ふみ こえて
ゆけや わがみの
かけて して
ゆけや あす の この
ちから を しる
もの と して

ふみ こえて
ゆけ
わがみ は
かみ の ようき(神の容器) を おえて(こえて)
しんぱん(審判/神・新) を しる
もの と して
ゆき たもう
もの ぞ

この み みやぐら(ひやぐら?)
み を かけ て
なせ
こととひの
みこ の つぐる (ミコの告ぐる) もの を して
かけてや しらね
こととひ の
ひに おう ものの
あらば
ゆけ みて せよ

ひに おふる らく
ともしひ(ともしび) の あらば
みに して あれ とは
ゆかん とも
ありてや みて して
とも す らく

ほし
つぐ もの の
たち に けり

(クニトコタチ)
2012.3.12(月)13:58 終

みことふみ
して たまふ (たもう) らく
おき たまう ひ の こと
もえて
ある もの や
しる

その ひ (その み?) ひ の
しんぱん
なり(?)

1 thought on “通信

  1. motosasa 投稿作成者

    (受信者補記)

    「みことふみ」とは、最終知識(書籍)の終章の終わりに記されている、<みおや>さまがたから伝えられた情報をさしていると思われます。

    人に降りた神々の審判の時=その人間が覚醒するか、あるいは闇にくだるかの境目になりうる、という印象を、受信の際に受けました。
    正しく覚醒するならば、かつて伝えられた「1万と柱」は、決して夢物語ではない、と思いました。

コメントを残す