通信

<通信>

2012.3.2(金)23:32 ~記

(1)
お(を)と とひ(い)し とどけたる
みこ の みことば

つげる よ の ありて
ひらく お(を)と かいまくの
よ ぞ ありて
たましい の つぐる みことば を
おお(多)く の ものに つげ(継・接)
その かたる(語) みことばの
こととひの つぐる
さきに こそ
ひかり ありて
ともない(ひ)し ことごとの
つぐる おと の もとの
ひめ たる を しる は あたらしき
ひかり
よに つげる あたらしき よの
はじまりの お(を)との ひらき
たる を(ほ) しる は
しんじつ の もと たる
ひかり おいし もの
うけたるを しる は
みことば つぐ ものの
ゆくさき の ありて
きし みし もの を(ほ)
きけ ゆけ みて そして
つげよ あたらしき
かいまくの みことば を(ほ)
しるは しお(ほ)の
やしお(ほ) ぢ の
すゑ(へ)に ありて
ひのもと
つぐる
を(お)と
に ありき

ゆける を みれば
すえ おちたる を
しる このみ
かけおち たる
はし を みごと に
わ(は)たし たり

ゆきゆきて
つぐ
きょう こそ が
あたらしき
よ を(ほ)しる
はじまり の
ひ であることを
し(知)れ

平成24年3月3日のために

大国常立 詔

(2)
かけゆきて つぐ
つぐもの ありて
わがみ
おこしたり

わたしたるを
みれば
ひかり
くだりて
よ を とふ(問う) や
ものとも の
あり
よ を とふ や
ものとも の
あり

ゆくゆく を しり
そして
わたりて
ゆけ
ひらけたる
はし を
わたり たる
はし を
かけたる を
みれば わがみ
ここ にあり

かけたる を
みれば わがみ つらぬきて
ひかる
はしら の
あり に けり

ひかる みはしら
の あり に けり

こととい たる もの を して
くだしたる を
みる もの に
あり

ひかり の
みはしら を
つぐる
もの

よに
ことはしの
あらずば
しる を なく
よに ひらきたる を
しる ものの
ことはしの
お(を)と の
ひらけたる を

みる ものの
つぐる さきの
ありて

ゆく みちの
あるといふ(う)
ひかり みちたる を
しる
みはしらの
ありて

ゆく
かけたる を
しれば
ふたたび の よに
まみえし
わがみこの

みことばの
ゆく さきの
お(を)と ほ きく
その こえ(へ) の
さき を しる
わたし もり
あり て
とはしのみを
つかは(わ)す

ゆくる をしる
もののみ に
つかは(わ)し たまはん
けん
ありて つぐる
もの
ありて
ゆく みちの
ひらき たり

みち たる を
みれば
ゆける さき に こそ
みち ありて
さけや この
み の さくら
ひらき たり
さくら おはす
このみの くら を
ひらき たり

さくら は おはさる
このみ の
さくら
つぐる のち には
よ ぞ かは(わ)りたまふ ぞ

(大国常立 尊)

—————————————————————–

(3)
かけたるを
みれば
すえ(へ、ゑ)
さだまりつ

ひかりの
みくに
はじまりに
けり

(平成24年3月3日 0:00)

大国常立 改新の詔 と して
くだしたまふ ふみ(文、史)

(4)
あやあれば
すえにこそあり
みこの みよより
ひろがりつ
み すえ(へ、ゑ) をきて
ゆくは
ひかりの
くに に あり
みこ
みことばの
すゑ に ありてふ
かけてして
わたしたる ふみの
よあけ の
まつ の
ひらき たり

かけしく の
おど の ひき たり
と ひら あき(ひ)たり
わたしたる
ひかり
をしくば
みをもちたるを(ほ)
しれる もの とや
とひ(い)たまへ

わたる が みち か
もどる が みち か

わたしたる
ひかり の はし の
かけたる を
しるや この み の
まつ に おふる を
もって して
わたし たる

ひかり の
まつ の

ともれる を
みれば
しるや
この み の
すへ(ゑ、え)の
ゆくすへ(ゑ、え)
わ(は)たしたるを
みれば
すへ(え、ゑ) さだまりつ
ゆきたるを
みれば
すゑ(え、へ)
さだまりつ

平成24年3月3日(土)0:06
(くにとこたち の みこ より)

—————————————————————

ひらきたるは
あかり
ともれる
み を もちて
ゆけ
かけたるを
しるは
わがみの
すえ(へ、ゑ) に
ありし を

(くにとこたち)

コメントを残す