通信

< 通信 >

2011.10.8(土)23:42 受

カミ の ミヤシロ を 奪わんと
したものたちが いて

その もと に ある もの を
カミ の 所為 に した もの たち が
いる

その ツミ を トウ モノ が
存在 し

それを
愛や 正義 の もと に
裁く もの たち が いる
偽り の この世 に
真実 の 裁判 を
おこさん と する ものたち が
存在 し
その もの たち の
おもい が
このち の 地(磁)場と
共鳴 して
さらなる 変化 を
加速 する

いつわり の
この 世 に
偽りの
裁判 を
求める もの たち が
いて

そのものたち は
己の 判断で
自らを 裁き
ほかのものたち には
見向きもしない もので ある
いつわりの
この 世に
せめて もの
真実 を
明さん

いつわりの
このちに
かけしくの みち の
はるか なる もの を
とどけ たまへ

こへたれば こそ
とどく もの が ある
こへたれば こそ
きくみみ を もつ もの には
こうして 新たな 耳が
開かれる
この声を きくものよ
ぬし(主) こそ は
そのもと に ありて
てん を
ち を
支えんとした(する?) もの

こへたりて
とどく この
はるか なる みち の
とどくさき こそ

ひかりの 宇宙 で ある
われこそ は
国常立 と 名のりし
この ちの もとたりし もの

かけしき(く) の この みち の
すゑ に ありて

とどきた もの に
感謝の 御言葉(詞) を
告げん

われこそ は
この ち の 主(ぬし)で あり

この ち の 悔い改め の ために

天 を 割り
地 を 駈け
大地 を 渡る
風 と なり
この ち を かけん
せめてもの
このち へ の
悔い改め の ため の
誓い として

この 御言葉(詞) を
とどけん とす
もの なり

お(老・負)いたるものの
その 重き この ニ を
こへたりて
お(追・押・置)いたるもの の
お(起・置…)きたる もの の
ハラヰと ツミトガ の
もとたる もの を
このち に
開きて おかん

うたひ ひらきて
このち の つみ たりし
ものの
すゑ をや みん

こえ たり て や
ゆき とどき たり し
かすが なる
はるの をくに ぞ
ひかり ともれ り
かすが あけ
みかさ とどけし
ものや とは せむ
もと たり て
すえ の をくに も
かけや とは せむ
をく しも の
ひらきて のち の
かすが たりけむ
ものの あり て は
よぞ ふけ に ける
もと たり たる を
しる もの に
いか に とは せむ
あさ ぼらけ かな と
つげる もの あり ても や
つげる もの あり ても や

とどき たる は
この ち の もと に あり て
よ(世、夜、預、予、代…) を ひく
もの の
もと に あり けむ
もの の あり てや

いかなるもの を
つぎ たる や
この ち の もの よ

ふみたり て や
とどきたる は
この み つぐ
かけしく の みち よ
あけ たり て
たる や
とどき たる もの の
ごと く
こひ ねがう もの の
おん(御)み
まも(守)らしめ たまへ と
かしこ(畏)み まを(白)す
もの なり

トコタチ の ミヤ の
とおくに ありて
とどく ものの こえ とおく
ひびき わたれる(り?)
よを しる や このち の
もの よ
よを しる や この
あけのみや たりし
もの よ
よを しる や この
あかつき の もと たり し
もの を 立ち(太刀、たち) 切りて
ゆかんと するもの よ
よを しる や この み
わたりて
かけたる はし の
あること を

よ を みる や
この み かけて
とどき たる を
しる この
かけしく の みち よ

わたりたる は
このみ
みち たり て
とどき たる
ひかり の もの の
こえ

ゆく もの あり と して
とはん もの の あり

こえ ゆく さき の
かすが の はる の
ゆめ の お(を)くに ぞ
かける しら ゆき
みち たり て
の の すへ に ありて や
ゆかん
かけたる もの を
ゆき たりて
みち
ひらく なり と
つげる
この みち の
あり と や して
かける ちの
もの よ

ふみ とは せ
かけたる みち の
はし わ(あ)た り
てや みるもの あり て
とはぬ もの ありと
して
この み たる もの を
おきたる この みや の
こと あげ の
ことば(言葉・詞)
と 為す

みに おいてや あり
つぎたる を
しる ものもの よ

かけてして たまへ たる
もの を して
こえる み
つぎ たる を みる
ことも なく
きゆる もの
あり と して
かけなむ と
ほっす
その み
たる もの よ

よに すれば
ばに あり て
てむ とも ち とも
しる もの を
して てん として
こえる あらたな
み へて

かけしく の この みち の
はるか なる みち の
たしか なる こと の
かけて み を して や

とどき たまはん とす

平成23年10月9日 0:36 終
(オオクニトコタチノミコト)

———————————–

もちづき の もちいて たる や
あさ ぼら け
よを つぎたる を して
かけたまわむ ミ をも
ありとは し てむ ものを こえ
ともなひ たまはん と
する
かけて して この み
つぎ たり し ものもの を
こひ したい たまい て

よのあける あいず(合・相・愛・会 図)
とぞ なす

よあけ の でふね の
ときの こえ たり
あさ たりて
きり はれて
ゆき たる を みる
この み

平成23年10月9日

クニトコタチ・トヨクモノ
改まりて
オオクニトコタチ(シン) と
なす

よきかな(善哉)。

コメントを残す