通信

< 通信 >

2011. 1. 21 (金) 17:03 ~

ぞろり ぞろり と ひきつれて
やっこさん たち やってくる ぞ
しかばねの つもりたりつる
そのみ ひきつれて
ぞろぞろ どんどん くるわいな
ほかには ゆく場所 ないのじゃ から
ここに くるしか ないので あろうな
じぶんの できぬ ことを
やろうとした せきにん ゆへ
さいごまで きっちり はたしてもらわねばならん

あたり前のことじゃがの
あたり前のことを
きっちりやっていって くれんと
あちら側には 行けんのよ
宗教界とは
そういう ところ
せきにん とるまで
しばられて
どこにも 行くなど
ありはせぬ
己一人 が のうのうと
生きながらえることなどが
できると 思うて おるのなら
あんたの カミさま 何者じゃ
正しきものは
責任をとる
きちんというて あったはず
その 心づもり
ちゃんと しておけよ
せきにん は
ツケ は
きちんと まわって くるぞ

宗教の世界
これから ををかわり
あるからの
こころして こころして
おのれの つみ を じかく
しやれ

さばかれるのは しにん では なく
いきを しとる にんげん の
その 身の なかで おこる こと
つげてあろうと 思うもの

こひみての えんろのはてに みたもの は
きょうそ たちの くるしみの
すがた で あれば
しんじゃさん たち
なにをか おもうや としのはてに
くるしみて くるしみて
つなぎとめなんと せしものは
なんであったと きづくや あらん の

しゅうきょう は おそろしい ぞ
しゅうきょう に 似たもの は
もっともっと おそろしい ぞ

そのこと よう 知りて
これからのこと 考えて おくように

これは ニホン の カタガタ への
警告と 思うて
きいてくだされの

しゅうきょうに
よく似た仕組みで作られたもの
たくさん あろうと 思うがの
その ピラミッド
隅の親石 なくなれば
ガラガラ どしゃん と
くずれおつ
隅の親石に なることを
おそれては ならない と
教えた方を 忘れることなく
すすまれよ

ひつく ことしは かなしゅうて
なにやら ことばも でてこん が
つたえることは つたえるゆえに
きいてくれ ろ な

ひつくの こえを ききたい もの は
いまの あいだに きいて おけ
そのうち きこうと おもうても
とどかぬ とき が くるの じゃと
しって おいて ほしい ので あえて こうして
つたえおく

ひつく とじる ひも
もう そう とおくない
の でな

それでは みなさん ありがとう
ことしも よろしゅう たのみます
かからな しょうがない
こんな とき でも
つたえる ことは あるから の

ゆくさき さがして ふりみれば
あゆんで きたる その としつきが
カミ と 言えども こいしゅうて
ミレン とやらが わいてくる
なさけない やら
ありがたい やら
ひつく きっちり はたらいて
あちらの 世界へ 渡る もの
もう ひと ふんばり
して いく と する

平成二十三年 年初

motosasa 通じて

< ひつくのかみ 一同 > より

< 精神学協会 ならびに
ニホン の みなさま > へ

コメントを残す