通信

< 通信 >

2010. 12. 25 (土) 0:25 ~

あられふりゆかん このち つもりては
さみだれおつ はての よにて
ふるもの ゆく とぞの あき にや ちりゆかん
ふるいての すゑに しる
「あい」というらし もの ありて
わがみをも いかし たまわんや
すゑのよ いたりきて
まっぽうの よ とは かくあるものぞ かと
み しる ものなり
しるもの で ありて その つとめ たるものや
みち として ひかれたまわん や
死 すれども ここに みち ありて
ひかれたまわる この みち を
すすみゆかんとす その「あい」 たるもの べく
あがな つたえたまわん

(ほうねん 法然)

2010. 12. 25 (土) 0:35 ~

ほうねん し(師 / 士)の みょう たるものを
うけし もの とは しる もの を
その と ぎれ たまひたる 法のごとくにぞ
伝えたまわることの ありし
死すれども 死 すれども
し にては あるらし かたがた の
よに とどまりて み(む?)かん とぞ しる
げに しずまるらし その ほうみょうの
もとに とどまらん ものものの
やとは つがえたる その み の あかし たり
仏陀 つどいし そのものたち は
みな はなされし もの と しる
こえ たる らし その ヒビキ(日々来?)や とどき きて
はるのひ の つげたるもの あり と しる

みしもの は ひかり たるらし しん ありて
その のぼりたるや ゆくものを 見む
とどけられたるは ふみたる ものに して
その みことば に よりて いのち
つながれん
みくに(三国、さんごく?)ありと いわれし ことの
ちにてや あらんと 告げたまう
ミクニ とは なにぞ と 問はるれば
死人(しびと)の クニ にも とどき たまはん
その 合図 ぞ

ひらかれたるは ちしき の とびら
とびら ひらくもの は ち で ありて
ほかの ものでは なからん や
ふみ つたえたるものや こむ
よろこびの あかしたり

(親鸞)

ひらかれたものは 正(せい)なる とびら にして
しられたるものや あり
ふみゆかん その たえたるものにして
こと おこりたるべきものの
あいず ぞ
いま ひらけたり

(道元)

2010. 12. 25 (土) 1:10 終

コメントを残す