通信

<通信>

* よーく きいてくれ よ 
と  ヒツクさまからの ご伝言 で ございます。

————————————

2010. 12. 13 (月) 11:13 ~

ひつくのすじの もん よ
ひつくとは 何ものか もういちど よう 考えて くださらぬか
何のために ひつくは 存在したのか
何のために ひつくは 今日まで こうして 話つづけなければならんのか

しゃんと書け
しゃんと 書け
ひつくのすじの もんとして
はずかしゅうないよう しゃんと ぴん と
背すじ のばして
きりりと 伝えよ

書けることは しあわせ(幸・仕合せ) ぞ
かみ たる もの と
ひと たる もの が
神人 一体
はたらく こと ぞ

にんげん は かみ の うつわ じゃと
あれほど ずーっと 言うて おるのに
何ねん も 前から
にほん の かみさん たち
神の子 じゃ 神の子 じゃ と
言い続けられて おるのに
まだ わかりよらん ようじゃ のう

セキさん 知って おられる ようじゃが
このままじゃ さいご の いちりん
どうなるや わからん の ぞ

いちりん めざめて はじまる もの と
はじまらぬまま おわる(をはる) もの
ふみよむ つき ひ かさね つつ
おはり おはられ ふりふられ
かさねたものは なんぞ と みるやも
あはれ このよで 三まん年
ふりつもりしは このとき の ため
あまつひつく と いいしもの な の
な の ゆらい(ヒ・ヰ) にぞ このとき の
このとき の ためにぞ いいのこりし ぞ
ひつく まつだいまでの ふかく
そは つたえわすれた もののありてし ぞ

ひつく さんまんねん の いのこり の
ほつま つたゆるは このとき の ため
ひらかれゆくは さんまん の とき
ひらかれねば おわらぬものの ありて
ひつく とどまりて もうし伝ふ もの なり

ひらかれゆく もの の
ようい できねば ひらいても いきば なくして
なんのことや わからんように なってしまうがな

ゆきつけば ほどき よまれる ものがたり あり
読み手 少のうして あふるるものの あり
読みとうない ものがたり あるやも しれぬ が
そは ひとごころ ありて にんげんの 作りし ものがたり と
かみ ら 知る ものがたり と
きろく(記、木 / 録、禄) されおる ものがたり と
すべての いっち点 や あるやも 知れぬ
しょう(証、彰)こ は のこって おるもの じゃ
それが かいじ され ひのめ を 見て
いくせんねん の ジュバク から とかれよう ぞ

つたえるもの の おらず して
しょうこ のこした ものが おる
いくとせ へて かならずや しんじつ を しょうするもの ありてや と
まつだい に こうせい の ひとびと に
たくした そんざいが 
ひと にも かみ にも あく にも
そんざい する
しんじつ そは ごまかされぬ もの なりて
けしても けしても どこかに どこかに
きちんと のこされ そうして かいじ され
ひとびと に うけいれられる ひ を まつ の じゃ

ひつく その いったん を
おうておる に すぎぬ もの じゃが
みおや つたえてし もの
まおう のこした もの
かみがみ つたえた もの
わずかでも かいじの てだすけにや ならん と
ひきつづき ひきつづき
ながなが と 話つづけた もの

あのなあ ひつく とて いつまでも おるや と
おもわんで くれ よ
ひつく にも じかんせいげん という ものが
あるのに して
じかん が きたら はい さようなら と
さらせて いただきたい と
思うとる の じゃが
このまま では わしら も
おまえさん たちに のみこまれたまま で
火 に やかれて モクズ とやらに
なってしまう わ

いま ひらかねば 
つぎ は いつかは わからん
セキさん 知って おられようが
つぎ の チャンス は
いつかは わからん
あるのや ないのや
それすら わからん
そうなった とき
この ほし の 
ひとびと の
ゆくすえ や どうなるや だれも 知らん
カミ すら 知らん
ものがたり が ないから じゃ
セキさん 書いて おろうがな
カミガミ の 知っとる ところ いうのは
まつび が きまっとる のじゃ
そこまで しか カミガミ は 知らん のじゃ
あとは にんげん の やること じゃから
そっから さきの こと 考えて 行動 できるように
セキさん 来たん じゃろう
のう、セキさん そう じゃろうと ヒツク は 思うとりますが
どうですやろ?

どっちみち セキさん おらんなる 日 は
かならず くる から
それまで に 何が できるのか
あんたたち 教え子 に かかっとるん よ
セキさんに じかに 教えてもろうとる みたま の 持ち主 は
みんな きちんと できるからこそ
今日まで みちびかれ はこばれて
ここまで やって きたんじゃろうがな
それを けつまづいてばかり おるとか
ひとのため と いいながら
じぶんの めいよ とか よく とか もとめて
はたらいとる と いえるんじゃろうかの
いきとし いけるもの
いき しとる あいだ しか
できること ない ので あって
さった あとに 何 のこして いくのや
ちゃんと考えとかんと
まつご の こら に
めんどう のこしていく
おじいさん おばあさん に
なってしまう で
あんたら なあ
言いとうは ない が
トシ いっとる 方々 ほど 時間 残り 少ない の ぞ
じょうしき で 考えても そう じゃろうがな
若い お方ら には 時間 は これから ヨウイ されとろう て
おじさん おばさん ら
あんた たち 
じゅみょう とやら 考えて みなされ や
はたらける 時間 いうのは
カラダ の 時間 と 一体 や
のばして もらえる と 若がえらせて もらえる と
思とる方 おる かも 知れん がな
さっさ と はたらいて
じかん が きたら
さっさ と さるん が
カッコええ の と ちがいます か?

時間 は 一方向 に しか 流れ ゆかん
その せかい を つくった もの の
ルール という もの が ある の で あって
カラダ いう もん は ぶっしつせかい の もの やから
そのルール が おおむね てきよう される もの です から
ときが くれば やくめ を 終えて
その 生 を 終える もの で ある

そのこと を 忘れん よう に

おじさん おばさん 言われて イヤや と
言う お方 も おる ようじゃ けれども
おじさん おばさん 言われる トシや と
自覚 して おくれ ませ
おじさん おばさん が あかんのと ちがう やろ
ステキな おじさん おばさん
かっこええ おじさん おばさん おじいさん おばあさん に
なったら いい だけの 話 や
いかしとる やろ?
かっこ ええ 中年 て
若い もん に 負けんといて ほしい んや
ひつく は な
おじさん おばさん らの 人生経験 とやら
買っとる ん よ
若い もん ら は まだ 子ども やから
おじさん おばさん ら の
その ふんべつ ある ところ
見せて ほしい ん よ
頼りに しとるのは おじさん おばさん なんよ
あんたたち いままで この世の中で
少なくなく 生きていて 得たもん ある じゃろが
それ うまいこと 生かして
次の 世の中
子々孫々 孫子 の ため に
いきる ように 使うて みる 方法
考えて みて くれん じゃろか
そのための アタマ と カラダ ぞ
つかえる うち に つこうて おかんと
そのうち つかえんこと なったら
みたま と いっしょ に
ウロウロ しよって
マゴコ に カカる と
大仰 な こと に なる で
あんたたち の だい で
いったん とめて くれ と
いう のが 今 の
世の中 じゃろ が

次 行くため の 大仕末
ちゃんと つけて いって くれ
時間 かかる 大仕事
せな ならん 方々 ほど
仕末 ある じゃろ が
やくそく じゃから できる じゃろ
そのための もん 今までの 人生 で
しっかり 手にしとる はず じゃから
それを 生かして きちん と
組み立てて
マゴコの ために いい 世の中
つくって やろう と
思うたら やるべき こと の 見える はず
すべて は このとき の ため の
おべんきょう じゃった と
わかる とき は とおくない はず じゃ

あのなあ
仕方ないので 言う が
おじさん おばさん 動いて くれな
若い もん ら も 動かれん のよ
順番 あるぞ と 伝えて あろうがな
順番 あるから と 何度も 伝えて あろう がな
みんな が きちん と うごくる には の
順番 つかわな うごかん もの あるのじゃ
組み立て するのに 部品 と 土台
きちんと そろえて おるはず じゃが の
好き勝手 ワシ は ここは イヤ じゃとか
言うておっては 組み立て ゆかん
出来上がって みた ぜんたいゾウ 見たとき
自分の 仕事に ほこりが 持てる
そういう 仕組みに しておる のじゃが
われ よ われ よ じゃ
いつまで たっても
ぜんたい が みえん がな
みえとる もん は つらかろ が
それまで たえとる もの じゃから
はよう せっせと はたらい て
きちん と 組み立て してくれ よ

精神学協会の 方々 
ならびに
このち のみなさま へ

どうぞ よろしく おねがいいたします

<ひつく>

コメントを残す