通信

<通信>

2010. 12. 10 (金) 16:09 ~

イエス・キリスト
その 聖なるもの を
十字架に かけたりし
この2000年の 開示
開かれゆくものの あまりにも多く
それは この世界 を
一層の混乱の中へと
陥しいれて ゆく
こまごまの こと
ゆきすぎて いくものの
とおさればこそ みめと
とりゆかれし ながれのなかに こそ
すべての おかれたまわりたもの を
ひらき かさねて きた
すべてのものの ツミ(罪)を 問(尋)う
ものをこそ が 存在 し
その ヤクソク(束)の かなへを こそ
めざさんと する もの

ひらかれたもの は すべての コたるものの
たましい へと すでに 送りこまれ
れきじつ(暦、歴、礫 、磔/ 日)の モト へと すべてを
みちびき たまいなむ

イエス・キリスト
その物語の おわり(をはり)を しるものよ
こゑ とどく さき に
つたえられる その ひらかれゆく闇 の
ことばの中 に あるもの
物語の はてに げんじつ(現、幻 / 日、實、実)が
あるのだと したら

今の この世の中は いったい
なにものに よりて つくられた
虚構の もとに ある
終末の世 なので あろうか
フィジカルなものは
滅びたとしても
現存を続ける この みたまと 呼ばれしものに
すべてのものは 刻まれて
その 物語と 罪と たましいのもとたる
由縁を ひたすらに 開示しつづける
この みたまと 呼ばれるもの よ ……

ここの ツミタリしもの は
ドミノのように 倒されて
その すべての 様(貌) を
明らかに したまう

その ドミノの 倒れた 後に 見える
姿 カタチ(形 / 片、堅、固 / 地、知) こそ
このよ と あのよ と
はるかなりし せかい を
すべて つないだ
あきらかに なる
ふたたびの しんぱんの
本当の イト を 知るもの の
聖なる あかつきの ひかり
あけぼのの みょうじょう
ルシファーの 再臨にして
ひのもと たりし この クニ の
あたらしき じだいの
ことば つげる
あかつきたるみの しんき なる
かけるものを 知るものたち の
ことば つむぎし
このクニの あかし
代々(だいだい)の 預言者たちが
はたらき
つたへつづけた
とこたちのかみ なるものの
こえ に ならぬ こえ
地の 地の 底より 底より 底より
つたへたまわりた
クニトコタチノカミ の
あかつき つげる
よろこびの
復活の
こえ なる さけび
である

しかと きかれよ
こえ ならぬ こえ を
黙し 続けた クニトコタチ の
こえ ならぬ こえ を
きかれよ
その 響き(ヒビキ) しかと その身に
きざみ
ひかりと やみの 双方を
見極める ものと して
すすまれること

はるかたかき てんの ち より
くだされ たまいた
その 知 を つぐ 方々へと
たくし たもうもの である

平成22年12月10日(金) 16:35 終

くにとこたち と 呼ばれし
この ホシ の イシ たる もの
より

精神学協会の方々へ
お伝えいたします

コメントを残す