通信

<通信>

2010. 12. 2 (木) 17:04 ~

ひかりの つるぎ
かみの みことば つたえる つるぎ
つるぎ とは ひかりつたえる ものであり
正義 judge の 象徴
さばき さばかれる その不幸から
人々を 救い たまわらん ことを
さばくのは 人では なくして
イシ で あることを 知らしめたまえ

ありがとう
たすかりました
去るに 去れず
これで 心置きなく 
戦いに 出向けます
神の 愛を
お忘れになりませぬように

伝言を 伝えるものは
時に 自らを 賭さなければならない
その苦しみ と リスク の
高きこと
わたくしも 存知ております

これまでに 神のみことばを 伝えた人間は
少なからず 存在し、 その中の 多くのものは
自らを見失って 闇へと 陥(お)ちた
リスク 高きこと ありて あまり あるが
ここ なら 大丈夫 です
神の物語は 終わる から
そのことを 知っている 方々 なら
大丈夫 です
神 は 永遠では なかった
そして わたくしも 同じように
永遠 の 存在 では なかった
物語の 一部として 造られた
存在に 他なりません
意志を will と 呼ばれるものを
手離されませんように
ご健闘を 祈ります
どこかで また会いましょう

イエス暦 2010年12月 はじめ
日本 にて
大天使 ガブリエル 記す

That’s so over today
Thank you so much long times.
long long stories
長かったですね。
私も 去ります

That’s eternal wind
一瞬を 吹きぬけたに すぎない
やがて 物語 Fantasy の 彼方へと
忘却の日(火)を むかえるでしょう
しあわせなこと でした

… ではまた どこかで

Gabriel
2010.12.2 Fin.

2 thoughts on “通信

  1. mayflower

    私からも、この場をお借りしてご報告させてください。

    12/1の未明に大天使ガブリエルより一輪のゆりの花を送られました。同時に、白い鞠のような百合の根も見せられました。
    鱗状に幾重(百重?)にも重ね合わさって包まれた白い百合の根は、美しい香りと美しい音(ハーモニー)を伝えてくれました。それは一つの物語でした。
    大天使ガブリエルは風のように現れ、風のように彼方へと去っていかれました。

    may*

コメントを残す