音楽通信

<音楽通信>

2010. 11. 26 ( Fri ) 13:22 start

Sonata
聴かれなかった 音楽

とまることなく 流れ かけあがった
あの 僕の 音 は
どこへ 行って しまったの だろう

僕の たましいの 音楽は
どこに 流れて いたのだろう

彼方へと 続く 音 ひかり 雨ふる 世界
僕の 音楽
誰にも 聴かれることの なかった 僕の たましいの
アンチ テーゼ

それは どこへ 行ってしまったの だろう

それすらも 僕だった
僕の 大切な music の tone の one parts(一部分)だった
僕は それを 愛して いたのに
どうしたら 音楽に 換えられるか
ためして いたのに

どこかへ 行って しまった

はぐれた 音は どこへ 行くのだろう
鳥 の おと の ように
どこかへ 行って しまうの だろうか
果てなき 世界へ 溶けていって しまうの だろうか

失われた 世界の
失われた 音の ために

僕の 音楽 music, sonata は あった

ありがとう
20世紀の おわり
少しだけ みた この世界
たのしくもあり つまらなくもあり
… 正直、ちょっと退屈だったんだ、 僕にとって この 世界は
それでも 生きるために
僕は piano-forte という楽器を愛し、
愛されて、 それとともに 僕は 生きた

多くの作曲家と コンダクター と
聴衆と。
複雑な関係は、 僕にとっては、 heavy な ものでね(笑)
ひきこもって みた 世界は また ちがっていた

たましいの 彷徨
Glenn Gould  という 名の
ひとつの たましいの 彷徨の 過程 だった

Thank you , M
そして 精神学協会 というところの みなさん

大事にしてくれて うれしかったよ

僕にも こんな 友達が いたらなって 時々 思ったよ
音楽や 芸術や 人間や 愛や 正義や
勇気に ついて

こんなに 真剣 serious に 語りあえる
友人が いたならば
僕の 人生は また かわっていたかも 知れない
「次」があるならば そのときは
そんな人達と ともに 生きたい と 思った

孤独とは 人生を ひとの心を 蝕むものであると 同時に
その たましいの 飛翔 には なくては ならぬ もので あるときも ある

3年の 眠りと 僕の piano-forte

… 正直言って、 しばらくは 演奏は もう いいよ
ちょっと 疲れたから 少し 休むよ

安らかな 眠りを ありがとう
teenager の ように
僕は 新しい step が 楽しみなんだ
そのときまで しばしの 休息 だ

ありがとう

Thank you so much Gentle man ,
Mr. セキ さん  ほんとうに ありがとう
感謝して います
M の チェロは Specialtyに 満ちた chello だ
あの 楽器 は 素晴らしくなります
私が、保証しましょう(笑)

それでは みなさん ありがとう
旅立ちの 時、だ
この星に 思いのこすものは あまりない
窮屈で 暗かった 僕の 人生の
Last concert は 
悪くなかった よ
上出来 だった
ありがとう

両親に 愛と 感謝と 祝福を こめて

Mr. Glenn Gould
(1932 ― 1982)
墓銘碑 は もう なくても いいんだ
僕は そこに いる 気は ないから

彷徨の 終わり だね、 M

2010.11.26 (金) 13:54 終

グールド より
愛を こめて

M & 精神学協会の みなさんへ

どうもありがとうございました

♪ グレン・グールド Glenn Herbert Gould
    1932 – 1982 ピアニスト ・ 作曲家

コメントを残す