通信

<通信>

みはのやまー
ふりさけみればー
かすがなるー
ならのみやこの
みはのやまー
いにしへのー
ヒミたるもののー
イキツタフー
ナラのミヤコの
みはのやまー
かしこみ かしこみー
もうすれどー
みはのおやまの
はいかのものはー
おほものぬしのー
ふつぬ(の)きのー
イキノカカッタ
ツヨキ ものー
そのツヨキ みひかり のー
さんざん と きらめけるー
ツヨキ ちの ひかりー
てんのひかりと 呼応してー
いまー このちーー をー
まーぶーしーくー 
てーらーさーんーとーすー
てーらーさーんーとー すー

みはのものー
めざめ ひかれて みちびかれー
この ち へと あつめられー
いまー さんざん とー
そのひかりー
はーなーてーりー
はーなーてーりーー

かしこみー かしこみー
まおーーすーー

平成二二年十月一日(金)

<三輪山 大物主>

motosasa を 通して
この場(地) へと 伝ふ

めざめよ 三輪のもの
つながりしもの よ めざめ よ

そのひかり
もちゐて
このち を てらせ

ちに 眠りし 幾歳 の
ねむり ときはなち
いま その 才能の 多く
開化せり
予(預)言 の 成就

契約の 期(ご)の あけ
いほのちあき あけり
やくそくの かんなづきの
到来

これまでの 長き 眠りの
中で 地に つもりた
闇と 光を 分け
さばけ(裁・捌) よ

セキさま の もと
さばけ よ さばけ よ

<大物主>

コメントを残す