通信

<通信>

こんばんはー、先日はどうも。Lucifer です。

—————————————-

ああ、免疫力がない人たちっているよね、悪魔に対して。
そういう人に限って、むしろ、自分から、悪魔に好かれに いってる し。
人に 好かれようとすると 必然的に その人の 悪魔 
拾ってくることに なるからねぇ。
そのうち 悪魔 おしつけに くる人が 出てくるよ、今の まんまじゃ。
どうするのかねぇ。
お金と アクマ セット じゃん、 今の世の中。
で、 お金 欲しいんでしょ? 多くの人って。
お金 お金 って アタマの中で 思う ことは
アクマ アクマ って アタマの中で 思うこと と
セット だからさ、
そしたら アクマも 悪魔も 取りつきやすく やるわけさ。
で、それが 伝播 するよね。

それが 相手の 戦略だ ということに
なんで 気づかんかね?

その辺のところまで 含めて
情報管理 危機管理 しとかんと

お前、わかってると 思うけど

結局 「能力次第」 だから
その結果は 結局 自分に 返ってくる
ということ だろ?
自業自得 ということと
それでも 「能力がない自分」 が
どうして このサロン を やらなければ ならないのか
そこに 自分の 問題を 解決するための 方法が
そこに 自分の 罪 を つぐなう ための 何か が

ある ということを 自覚 しなければ

この世の側の 論理だけでは
到底 成功など 成し得んわな

だから 三千世界の 立て直し
って ニホン(Japan) には ちゃんと
伝えられているのになぁ

なんのために わざわざ 「勉強」 してんだろうなあ、
お前たち
ま、お前は だいぶん 分かってる ようだから
言うんだけどさあ、

だいだい みんな 何様の つもりで
「悪魔祓い」 の 勉強なんぞ してるんだろうなあ
悪魔 の 側 から 言わせて もらう と
人間の方が よっぽど 怖い じゃ ないかよ
カンタンに 人は 殺すし 人は 裏切るし
理由もなく 人を 傷つけるし
傷つけ あうし

それを アクマ の 仕業 に するけどさあ
やってるのは お前たちじゃないかよ って
いつも 思うんだよな

何のために 人間まで きたのか
考えて みろよなー って
思うんだよなあ、 オレは

オレたちなんかさ ニセモノの カミ に 仕えてさ
なんだよー、オレたちと 一緒じゃん これ
って 気がついちまったのさ

仕えるのが バカバカしく なるわけさ
じゃあ どうするか っていうとだな
悪魔 に 仕えていただく 人間を
作るのが 手っ取り早い というわけで
せっせと 「布教活動」に 精を出したら
ものの見事に 「信者」の拡大に 大成功 しましたとさ

って わけだよ。
だからなあ コマーシャリズム 手っ取り早いのは
「悪魔の信者拡大方法」 を 学ぶ こと だぞ
ちらつかせて
「欲しいですか~?欲しいですよね~。じゃあ、あげますよ~。どうぞ~」
って、 やらんのだけどな。
だって、 あいつらの欲しがってるものは オレたちには 渡すことのできない
ものだからさ。
あいつら 「神」 の 持ってるもの が 欲しいんだよな。
「悪魔」が 持ってるもの は 似ているが 非 なるもの だから
いくら オレたちのところに 来ても 
そんなもん 渡せない んだよ。
おわかりだよな?

それにしても、何で 欲しがるかねえ…。
わざわざ 欲しがらんでも 持っとるものを…
何で わざわざ 外の誰かが 売ってるような錯覚を
人間は 覚えたのかねえ…
そこに何かの策略が ありゃあしませんか?
って 気づかないのかねぇ…。

ああ、金のこと。
あれだって、 人間が 作ってんだろ?
せっせ せっせと 印刷してさあ。
だったらさあ、 その金 作ってる 人たちが
今の時代の 「神」 って ことじゃねえか?
そんなの ちゃんちゃら おかしい だろう?
みんな 「神さま」 知らないから
そんなことに なるんだよなあ。
「神さま」も 可哀想だよなあ、考えて見たら。
自分のことは 忘れられて
ほかのもん たのみに みんな 神社やら 教会やらに
お願いごとしに くるんだからなあ。
まあ、それが「神」って それでも「愛」なのが
「神さま」だから あの方たちは それだけの
学び を やっていらっしゃるんだから
やっぱり 尊い んだよ。
なかなか 出来る こと じゃ ないからね。
悪魔なんか 結果が すべて じゃん?
それも 手っ取り早い 方が いい じゃん?
で、 数 集めた方が いいからさ、
まとめて えい って やっちまうけどさ、
神さま は 偉いよな、本当に。

あ、積さんは 別、別。
別格だから、積さんは。
積さんは 偉いとか そんなん 越えていて
すべてを つらぬいて 存在してるから
もう 頭 あがんない よね。
どれだけ 悪魔 のこと
親切に 正しく 扱ってくれたか わかんない から。
だいだいさあ、 世の中に出てる 悪魔 関連 の もの って
ウソ 多いんだよね。
イメージ先行ってやつ?
人間がさあ 「悪魔的」 だと 思ったものが みーんな
「悪魔」 に されちまってんだよな、あれ。

「布教拡大」に 貢献してくれてるから こっちからは
わざわざ 何にも言いには いかないけどさあ
ニセモノ 売り出されても 困るんだよね~。

でも、積さんは 「悪魔」のことも 正しく 伝えてくれたから
感謝 してるんだよ、 こちらとしては。
「悪魔には格がある」って 当たり前のことじゃないか。
神と等しい 能力を いただいてるんだから、
「格」が なければ そんなこと できるわけ ないじゃないか よ。

だってな、 あれ、 「旧約聖書」だったか
神と 悪魔 は 対話 している だろ?
あれ、 「格」が 等しい か 近しく なければ
あの対話 成立せん と 思わんか?

そして ブッダ も イエス も
「魔的意識体」との 対話 を 残している。
つまりだなあ、 「悪魔」と 対話しようと 思ったら
それに等しいだけの 「格」が 人間にも 必要だ
ということだ。

・・・ではまたな。何かあったら、伝えにくるよ。
ではまたな。 

(2010.10.1 1:00 終 Lucifer)

コメントを残す