ラー油 その2

前回のラー油に乾燥ガーリックスライス(市販品)を加えた、試作その2を作りました。

10日経過後、おいしくなりました。
先日、カレー(市販ルー使用、5~6人分)を作った折、仕上げに4,5滴加えましたところ、鍋の中身全部がおいしくなってしまいました。
鍋全体に味のまとまりがでて、まろやかさが増した一方で、辛さもひき立ちました。
家族によると、「カレーらしいカレー」だそうです。
その味の変化は、驚愕と言っても決しておおげさではありません。

鷹の爪のみのラー油の時も、あまりのおいしさに頭をたたかれたような衝撃を感じたのですが、今回のカレーの味の変化は、目が飛び出る(マンガにあるあの感じです)ようでした。

———————————————

お問合せもありましたので、今回試した作り方を書いておきます。
お塩をごく少量加えると、さらにおいしくなると思います。

・ その1  ・

オリーブ油  50ml程度
鷹の爪(国産、乾燥市販品) 3本 …… 適当に切って、種をとる
鷹の爪(自家栽培、乾燥)  小さじ2程度 …… みじん切りにしたもの

以上を瓶に入れ、暗所室温で2~3週間程度保存。

・ その2 (ガーリック入り) ・

ガーリックスライス(国産、乾燥市販品) …… 4~5枚

その1に手で砕いて加え、暗所室温保存。
10日経過後くらいから風味が出てきます。

* 辛さやにんにくの量は、好みの量にしてみてください。
   仕上がりは、鷹の爪の量ほど辛くなく、にんにく臭もそれほどありません。
   餃子や生春巻などに、とても合う風味です。
   ごく少量で味がガラリと変わりますので、カレーやパスタに使われると、
   お子さんでも大丈夫だと思います。  
  

食べて減った分は、オイルを継ぎ足しておけば大丈夫です。
(その場合の熟成期間は、最初より短くなるような感じです。)
しょう油さしのような入れ物で作っておくと、とても使いやすく、食卓でも便利です。

コメントを残す