通信

< 通信 >

2011. 3. 18 (金) 12:10 ~

よ よ つもりたもの
ふりはらえり とてぞ
よさせたまへり たる もの を もして
こひよらせなむと したり
ことば 知りたるものは
その みのうちにふうじられ
やはの こととはせ を して こそ
み あけたまひなむ
かけしくの こととひ とてぞ
みをもしてや とてり とてり と
して なむ を こそ
よされの み をもちて ふ より
したまへる こと
よひ たりて みよ たる ものをや ささげたるもの をして
こ たるものを よい たまいたる もの として
み より つとめて ささげたまひなむ
みよ しろ の ふみ たずさへたる
ものを して しかり と
よ み さ ひ たる もの みてや
ふるみ さりたりて ぞ と み たる もの を して
さひらひの こ たり みて ぞ なむ
よよ ふるたりし み さらへ
さいなりし みをも たる もの
さきしさくら の よよ つもり したる もの
さい よりて わきいでんや
いのち(命、意の地) の いずみ(泉・出身・出水・厳瑞) 
ずいせん の たるもの を してや
こととひの みに あたるもの
さみだる もの をして よたりとしなむ
さよ よりて みたるものぞと しられかし
さくら さきたりて そのみ をも かけむ
こゑ したり きて みれば とぞ こちふかせたる
このみ

いつきみの ことみ に したりとて
たまいける もの ぞ
よよに つみたる その つみとがを
はらへたまへる トコタチの ミ の
さきたりし みの ふりえるもの を して
よのすゑ を みしとぞ つげたまひける
さきしみの つげたもう ことをや
しらしめ たまへり とぞ
言寄させたまひなむ

平成23年3月17日(18日 12:26 記)
< くにとこたち >

・・・ みの よいたるものぞ
みのしのの さきしさくらの
みたりつるをなむしてや
しりたまふものとぞみる
こととひの さきたるものぞ
よによりて
ひらかれりと して
とはせたるものを みてと して
ささげたまふものなり
み つき たもうや さりて ゆく みち の
ひらかれり として なむ みる みち のあかく
さきしみちの もゆるものをして くぐらむと するものの
その しょうか たるものとして
きのう したまへる もの

さ に よりて つげませる その こえ
しかと なむ よせたまへり
みし もの より てや
み つくし たもう とて
つげたまひませる
もの みおも して とや なむ(十八 七六)
よろこび(ひ)のたびじ ぞ

平成23年3月18日(金)
< クニトコタチ >

よに よりて ひらかれユク モノホ(ヲ・オ) ミル
その ミ まさしく して
カミ ノ ウツワ(ハ) たり

人知(じんち ジンチ シンチ) こえ ゆけ わが コ らよ
こととひ の み をもして よせたまひける ものぞ
さひ ゐたり こし み よ
ふらせたもう

(2011.3.18 12:42)
< クニトコタチ >

コメントを残す