通信

2010.6.15 (火)  13:20 開始

おおさかの こうのいけの その つくしたもの の
せいか うまず みつびしの いわさきの その さかえを うみたものの
うみ つかいて もうけおりた その ぐんじ と むすびつきた ざいの
しゅうえんの とき が きて あたらしき 光の けいざい の しんの けいざい(経世済民)の あかされ つくられるときの
まいりきたりて じゅんびは できたなれど 
ひとのがわ に そを いかすだけのもの なくて
はしらたたぬ たたねば ひかりよりの つうじるもの とおらぬこと にして
これからの けいざいの せかいの けいざいの はたん と クラッシュ(crush)の
その まの ながれの なかに まきこまれる おそれ ありいて
このように おとどけいたすことの そのいみと まなびの しられたまふこと、
これから はじまる とうげの やまみち を、
いかに きけん を すくのうして あるききるか ということを
おしらせたまわりた はるか とおき 知 と 理 の あんぜんさく(安全策・柵)の
その しん の い を しらぬもの みぬ ものたち の
その たましいの ちかひ と しんのひ は
いつになれば もゆるので あろうかの
いのちもやして 生きる ことの うまれた 意味 を まっとう せし ことの イミを 伝えられると おもうて いるものたちの たましいの めざめ は 
まもなく おとずれなくば しめきりの ちかづきて
ますます ふか は つよまる で あろう。
はっくつせい と ゆうて おられるのに みずからの うちから げんせき を
はっくつ せい、ほるのだ と ゆうて おられる のに
その こたえ を そと に もとむる ものたち の 
みゆざる そのめ と きこゆざる その みみ に、
おやがみ(おやご) ら は みずからの せきにん を つうかん すると ともに
ことば に よりて ひらかれた この みちの ひかりに、
はよう わがこらが きづいて くれることを のぞむるもので あるのじゃ。

平成22年6月15日(火) 13:35終
<あまつひつく>ら ことば を しる かみたち の ことば

コメントを残す