通信

平成二二年三月五日(金) 午後 九時十三分 受 

てん と ち の ひずみ ひずみ ゆがみ よがみ
くるしみのゆゑを 知るものは トコヨの そこの もの なりゐて
このあたらしき みよの はじまりの よあけの あとの
あかつきの あさぼらけに まもらんとす まもらんとす
その み を ていして まもらんとす
まおうの はいかの もの より まもらんとす ものなり

いま こ の とき も いた み に たえんとする
ちのもの の こゑ を 忘れたまふな

天に守られし お子 たち を まもらんとす
おおいなる ゆふきある ち に 生きる ものたちを
忘れたまふな

正しき もの たちは ことばを はっすることもなく
その ち は てん を ささえる ために たえたまふものなり

ち(地・血)より いでます もろもろの ものより
みを ていして 守らんと す この ヤマト の 知 の ものたちなくして
トコヨのウケヒは たっせられまじ

天 は ひかり に みちひているところなれども
地 の 底 は その 暗き 中 に おいて 一心(芯・親・身)に
誠実に ひたすらに
げんを はっすることなく もくもくと 支えたもうものなりて
これまでの いつわりの みよの おわりを 知りたまふが ゆゑ に
その てん を ひと を 守らんと 支えんとして
むげん(言・現・限・弦) の あひ と ゆふき の ひかり を もって
うみ の くるしみに たえぬかんとするものなりひて
ササヘ の ち の ものたち は たえぬかんとす ものなり

とざされし ひかりを 忘れたもふこともなく
この 地球 という 星 の みづの みいづの よ の あさの ひかりを
けがさんがために この ひ の この ときの この つきの あけたまふ
ときの ために 守りつがれし おん(御・温・穏・恩・音・遠) みひかり
とこよのくにのとこたちの うみたまふ かみの 草々(くさぐさ)の
その さやけき すがた たちたまふ その すがた そそ の すがた 

りんという りんという りんという

その 凛々たる 気概ともいふべき ゆふき と あひ と 
いじ(意・居 / 地・知・磁・事)こそが この 
ヤマト たる ヒノモト の クニ(六合)の
たみぐさ たる ことの あかし である

カタカムナ の そ の前に 
あけたまふ ふたの ありひて
ほつまのくには さんまんねんまえ
このち に のこされし しんの じつ(実)の こゑ は
この ち の シン なる たみ たちに よって
ひろい(掌) ひろわれ ひろがりて
ち の よあけ を つげたもう ものなりし

しるということはになうことである という
そ の ことの は の おもみを しるもの たち つどひは
ただ つどうには あらず こ の もの として つどわねば
これまでの あやまち と おなじもの に すぎぬ ものにして
シンの カミたる ハタラキ は できぬ もの なり

はたらけるものは どれだけ おろうか
いま この とき も ただ ひたすらに その み を
かがみ と して じょうか の みちの はしら と して
ひたすらに 闇を 処理 しつづける もの たちが いること
ひたすらに ことば を かき つづける もの たちが いること
そして くるしみの なか に おり(下)ゐて
せきにん を はたし つづける オヤガミ の いること
わすれては ならぬこと
わすれた けっか が いま の せかい で ある

クニノトコタチノカミは カミ とは いえども
地に 下りませいて その かなしみ を 御身 一身 に うけとめたまひて
ふるえ る が ほどに たたん たたん と たえたまふなりき
そ の うつくしき ひびき の 音(おと・おん・ね)は
あまりに かすか で あるが ゆえに
あまりに ひかえ て いるもの で ある が ゆえに
そして はげしき イカリ の ほのを の ゆえに
その ミ を 隠したまいき 隠したまいき

みえざる カミ たちの
ス ガタ なき カミ たちの
住まう クニ 住まうていた ホシ その ホツマ の ホ の ホシ で
ありゐた 地 の 球 の たましひ の よあけの
やくそく されし この いたみ
うみ の くるしみ
それさえも ケヒヤク で ある
リコウ される もの で ある

まもると決めた その お子 タチ を
支えたまふ そ(祖・素) の カミ の あひ は
はるか ふかき ち の そこ から の
神聖(神性)なる あひ の ひかり に こたえる こゑ で ある

その 身 に やどりし ほし の みひかりを
たいせつに なされませ
お子を 愛するのは 天 のみ に あらず
地 の ちち も はは も クニノトコタチ トヨクモノ ノ ふたがみ も
ひろき ふかき かぎりなき あひ を 
この地 より うみ より 支えとして ただひたすらに 支えとして
よあけのみよを あけたまひし アマテラス の ヒ の 支え として
おもひを 受けとめ たまいます もの なりき

しんじつの よの あけたまひて
にほんの しくみ にほん の しくみ
そ の 意味を しる もの は さいわい である
そして そ の しれん を しる もの である

しるということは になうということです
という みことばの 意味を もう一度 おたしかめ なされませ

ヒノモトノクニ の
みずから て を あげ みずから になう と きめた お子たち へ

親のあひ を 知った もの は
成長して みずからも 親 と なる 日 を むかえ
その 子 を 育む もの で ある
支え と なる もの で ある

平成二二年参月五日 motosasa(ささ)という むすめ のもとへ 記す
文(フミ)

クニノトコタチ トヨクモノ を しる もの の 一(ひとつ)

2 thoughts on “通信

  1. motosasa 投稿作成者

    ミエルさま

    コメントありがとうございます(^^)(と、お伝え下さいませ)
    この通信に記されましたことは、多くの日本の方々には既知の内容として、記憶されていることのようでございます。今この時も第一線ではたらいていらっしゃる方々の支えとなれますように、わたくしも微力ではありますが、つとめてまいります。

コメントを残す