『アース・トラスト』

にほん の クニ の アース・トラスト

ひと という 限りある 生の 時間を生きた 存在が
ひとつの 学びを 終えて 光の世界 へ 去った 後

ちいさき ひとりの 人間が 生きたよりも
はるか 長き 時間を 生きる
木々 が

この 地球の 上 に 残る

すばらしく うつくしい
世代を 超えて 時を 超えて 引き継がれる

光の 森が そこには 存在する

次の 世代 への 光の 遺産 と して

にほん の クニ の アース・トラスト

(motosasa  記)

コメントを残す