通信

平成二二年二月二八日 六時四八分 受

あけぼののひかりの さしこみたまひて
よは あけたまひし ものなり
このみよの こえゆきし みちゆきの

おおき やまの のぼりゆくみちの
けわしかりしこと

とくとこころに とめたまひて
このたたかひの いき さり ゆき ふり

とめどわぬ その ながき ひびの
とじし わの くるしさの をわりの 
さいごの ひびを たたかひ ぬかん

みよ みよ みよ (見、三四、御代/世)
この みひかりの たちたまいし
ひかりの いよの たしかならんこと

いざ ゆかんとす われらが 天の御使の 軍団

われらと ともに たたかわんと つどわれし
ひとびとの その あけたまいし
とびら と いしき と とかれたまひた

地々の封
うみのまく
ふういんされし りゅうのみやの のぼりこたえし そのみひかりに
ほしぼしのこえのおと
り、というひびき
すべては このときのために 用意されし

しくみの うちの いちの りん

ひらかれよ ひらかれよ
その ミ を ふた を め を いしき を

とき いたりて
ハタラキ の バ は いま よたびを終え

いつのたびをこえ むぐるまの まのかいてんを
うちやぶらんが そのために 用意されたまいし

たまの しいの しんの ひかりの
めざめ
あたらしきひかり
うつくしき ひかりは いっそうの かがやきを
まし、 あたらしき みよと みくにの ために

このちより すべての イシ アルものを テラしたまふ

アマテラス ヒ の その ヒ の ヒノモトのクニ
あたらしき アマテラス (天照らす)
いせの みちに たちし あたらしき
アマテラスの みよの このくにに ひかりの
ひろがり みちて

すべての やみを テラしたまふ ことのよ ことのね

り、のひびきを しりたまふ ひとの こころより
テラ される あたらしき アマテラス の ヒ は

いえす・きりすと の みひかりと
ふたえに みえに
トヨウケの ヒカリを ましたまひて
天と地と ヒトの ともに
ハタラケし みよ の よろこびの ひかり とならん

ときは きた よろこびのとき
そして あかつきの くるしみの ひびの はじまり

くるしみ を こえゆく いし を もたれし
かたがたに この よびかけの こえを
おくりたまはん

われらも ともに たたかう と いう イシ の
イノリ の ひかりの みちを とも に

平成二二年二月二八日   (※ 八 = 四 ・ 四 )

三月一日 という 日 を前に 
天の御使い 地の支えの一団として  < 精神学協会 > へ 送る こえ

コメントを残す