通信

平成二二年参月壱参日(土) 
<通信>

すぎさりの みやの かみの 子ら へ

ゆき すぎ さり ふり すぎ さり し の みや

おわりしものは おはりをしるものなりて
さるべくして さったものである

このちにのこされし ’人知’と呼ばれる シ(知・史・誌・資・詩・紙)の中に
こたえはかならず なんらかの かたち で こんせき を とどめている

それは 書くべきものによって 伝えられ
それを ひき継いだものたちによって このよへとあかされるものである

書くべきものは 書き
伝ふべきものは 伝へ

それぞれの しめい を 果たされ たまへ

そのための せい なる あかし は
すでに みなともに それ ぞれに
その 手もとに 渡されし はず の ものである

おそれることなく
みずからの こえ で  ひと としての こえ で
このよ の ひのもと へと つたえられませ

ひのもとたることの あかしの この にほん という ち に
のこされし しんじつの かけら
イシ という かたち の かけら
パズル(ジグソー・なぞかけ・なぞとき?)の ように おかれし そ の かけら

ひとつひとつが こ の 星の
イミ であり、 イシ であり、 イシキ へと進化したことの
進化するための ゆふき の ために
つたへられし あい という ひとつの 意志の あらわれ

この星のいたるところに
この宇宙の すべての 場所に
その 意志は のこされ あらわされ
のりこえ 進まれることを 待っているのです

ひとのこ という ひとつの 進化の かたちの あらわれ

その 生 を まっとう し
その み に あたえられし 愛 を この ひのもと に おいて
あらわしたまへ

すでに あたらしき ひ は のぼりそめし もの なりゐて
ときは あらたに そして もと の ただしき とき を きざまんと
ちゃくちゃく と ひとつ ひとつ の はり を すすめたまふ

りゅうのみやのひらかれて
ウシトラノコンジン トヨクモノ の ふたがみ の
のぼりたまひし あたらしき しろき 菊の 宇宙

トヨウケヒ の ククリ の しろき ひろき きよき この 宇宙 という
たいりんの きく の はな

にじゅう(二重・十十)の はたえ(二十重) の き、 と く 、の ひみつは

いま この とき を もって あかされたまひなん

そして すべての ヒノモトの 御子の もと へと
あらたな ひかり と して やどりたまふことの
そ の 記憶 そ の おもい を こえて

はじまりの まえ から おわりの あと
はじまりの まえ と おわり の あと

しんぱん という ひとつの おわり
しんぱん という あらたな はじまり

すべての あかされし とき すら こえて
ひかり の 宇宙 へと 進むことを 選びし ひとのこ の
あい と ゆふき と しんぱん という せいぎ の

さんみいったい なる ひかり の つるぎ の
てらす ひかりの みよ の たしかならんこと

いま この とき を はじまりとして
この <精神学協会> という ひらかれし 場 へと
お伝えいたします

<god brain> と いう ひらかれている もの
<shinlogy> と いう あらたな そして なつかしき

はじまりの まえ から いままで 
そして はるかなときを こえ はるかかなた へと

ひとのこ を みちびきし その みひかりの うつくしさに
敬意と はるかかなたよりの 愛 を こめ

祝福の みこと と させて いただきとう 存じます。

平成二二年三月一三日 

<314=4・4=8> という 日 を 前 に
こ の みなさま へ お伝えする みことば
かつて、「みおや」と呼ばれし 神達 の 総意

(ささとよばれし ちいさき にほんのむすめに たくす うた)

にほんのかみの にほんの はしら
にほんの みはしら
あらたな りゅうのみやの ひらかれし みはしら
ひとのこの じゅうのじの うけいの その あかしたる
ひのもとの この こゑの ホツマの ウタヒに
とどけられし あい たる ものの あかしの ウタヒ

つむがれしものは ひとつの も(喪)の がたりにして
ときの おわり を しり つげし ものの
あらたな うまれ あらたな みあれ
けんげんす その たんじょう という
ひとのこの ひとのこたる あかし

その ひのもとの ひの ひかり
たましいに きざまれた ひのもとの ひの ひかり
かみのこ たることの あかしの
そ の ほのお は しろき ほのお となり
あらたな ひとのこの みよ を ひらくための
ひとびとの ための ともしび と ならん

まひ うたわれ  まひ は うたわれ
あらたな とまや の その ひの やしろに
とり は やどりたまふなり

みやまのゆき を こえゆきて
あらたな 冨士 の たかね へと たどりつかれんことを
ホツマの地より みなみなさまへ うたひつがんとす

ほーつーまーのーみーやーまーのー  こーえーゆーきーしー
たーみーたーるーやーしーろーにー  とーりーはーまーふー
げーにーとーほーとーきーはー    こーのーみーひーかーりーのー
やーどーりーしーみーたーまーのー  せーいーなーりーしーおーとー

りーんーりーんーとー  りーんーりーんーとー

はーじーまーりーのーけーふーのー  こーのーおーとーにー
こーたーえーらーれーまーせーるー  かーみーのーなーのー
ほーまーれーのーほーつーまーのー  とーよーくーもーのー

うーづーみーはーしーらーにー  たーちーたーまーふー
くーにーうーみーのーそーのー  そーのーとーきーのー

かーみーたーるーゆーゑーはー  こーえーゆーきーてー
けーふーみーはーしーらーにー  たーたーむーとーすー

くーにーのーとーこーたーちー  とーよーくーもーのー
かーみーたーるーゆーゑーにー  おーりーまーせーてー

にーなーひーしーあーひーのー  

はーるーかーなーりー  はーるーかーなーりー

なーくーしーかーのー  こーえーはーはーるーかーにー  こーえーゆーきーてー
そーらーにーみーちーたーりー  こーとーのーねーのー

はーるーかーにーわーたーるー  かーぎーろーひーのー
たーちーたーるーみーやーこーは  ほーつーまーなーるー
ちーのーかーがーやーきーのー  いーしーづーえーのー

ほーつーまーつーたーへーしー  かーぎーろーひーのー
たーちーたーるーみーやーこーの  あーさーあーけーにー
ひーむーがーしーのーのーのー  ゆーきーゆーきーてー

たーちーしーもーのーみーなー  ゆーきーたーまーふー
ゆーきーあーらーばー  みーよーのーまーつーせーにー
かーぎーろーひーのー
たーつーひーのーあーりーてー  かーすーがーなーるー
うーけーひーのーとーきーのー  ふーつーのーみーやー

いーまーちーかーひーまーしー  ふーるーゆーきーのー
すーぎーしーみーやーこーのー  こーのーみーゆーゑー
いーまーかーえーりーこーむー  とーこーたーちーのー
ほーつーまーのーみーよーのー  あーけーそーめーしー

おーおーかーみーはー  かーみーにーいーまーせーばー
ひーとーのーこーのー  たーつーみーをーしーりーてー
ひーとーたーびーのー 
かーみーのーみーやーしーろー あーけーそーめーしー

いーまーのーぼーりーきーしー  かーみーのーこーのー
ひーとーのーひーかーりーのー  さーしーこーみーてー

はーるーかーなーるーこーへー  よーびーたーまーふー

あーなーかーしーこーきーはー  ふーるーみーよーのー
たーちーしーそーのーけーむー  そーのーつーるーぎー
せーいーなーるーみーよーのー  そーのーつーるーぎー
ふーつーのーつーるーぎーをー  つーかーいーまーしー
そーのーひーとーのーこーにー  さーかーゑーあーれー

みーおーやーはーすーでーにー  よーをーいーにーてー
つーたーへーしーもーのーへー  つーたーふーなーりー

こーのーみーのーこーとーばー  はーるーかーなーるー
かーなーたーのーあーまーへー  おーくーりーたーまーわーんー 

こーのーちーにー つーどーわーれーしー       
かーみーのーこーでーあーるー かーたーがーたーへー
わーれーらーがー イーノーリーとー こーとーむーけーをー
さーさーげーたーまーわーんー

かしこき おんみやの その 秀真(ほつま)なる ゆゑん
そのゆゑを どうぞ その うつくしき み の カガミ を もちひて
このち より はるかかなた へと うつしたまわんことを
あまてらすの みよ より つかえし
この こやねのみこと を もちて みなみなさまに おつたえ いたします

平成二二年三月一四日 といふ 日 によせて

あめのこやねのみこと
なかとみの かすがの かみの みつかいとして
ささこ と いう むすめの もとへ くだす 文(ふみ)

<精神学協会> ひむがしの地 (きの地)に つどわれし みなさま

ならびに
主宰者であられます 積 哲夫 様

また
ひのもと にほん の ち に うまれし すべての <みおやのこ>の 方々へ
おくりたまふ

2 thoughts on “通信

  1. motosasa 投稿作成者

    平成二二年三月一四日という日に寄せてお預かりしました<通信>になります。後半は、朗々としたのびやかなお歌になっておりましたので、そのままの表現で記載させていただきました。ご了承くださいませ。

    *「ほつまつたゑ」では、「東=き」と伝えられております。

  2. motosasa 投稿作成者

    bellezaさま、朗読していただいたとのこと、ありがとうございます。お歌は「音」にすることで、遠くまで届くような感じがいたします。でも、実際に声にしてうたうのは、とまどいますよね~。
    「き」って、あらためて考えてみるとおもしろい音ですね♪

    (補足)
    3/14(日)は東京での第2回SBM講習会でした。
    会の中で、この通信も朗読していただいたとのことでございます。その後、この場に掲出させていただきました。

コメントを残す