“現在” と “2010年” の状況について

2010年02月02日(火) 午前 
<コンコルダンス かなた(彼方) こえ(声)>

とエネルギーを解析。

*コンコルダンス・・・聖書語句索引。聖書に使用された言葉ごとに、その出典箇所を記したもの。

手元のコンコルダンスにて、「彼方」「声」の項目を調べました所、「彼方」は見出しになく、「声」については数十箇所があげられていました。

その中から、<ヨハネ福音書5:25>が現在の状況の意味を、<ヨハネ黙示録19:5>が2010年という年の状況の意味をお伝えしうるものであるようですので、ここに引用いたします。なお、テキストは新共同訳になります。ご了承ください。

<ヨハネによる福音書 5章 25~29>

「はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。父は、御自身の内に命をもっておられるように、子にも自分の内に命を持つようにしてくださったからである。また、裁きを行う権能を子にお与えになった。子は人の子だからである。驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人の子の声を聞き、善を行った者は復活して命を受けるために、悪を行った者は復活して裁きを受けるために出てくるのだ。」

<ヨハネの黙示録 19章 5~10>

 また、玉座から声がして、こう言った。
「すべて神の僕たちよ、/神を畏れる者たちよ、/小さな者も大きな者も、/わたしたちの神をたたえよ。」
わたしはまた、大群衆の声のようなもの、多くの水のとどろきや、激しい雷のようなものが、こう言うのを聞いた。
「ハレルヤ、/全能者であり、/わたしたちの神である主が王となられた。/わたしたちは喜び、大いに喜び、神の栄光をたたえよう。/子羊の婚礼の日が来て、/花嫁は用意を整えた。/花嫁は、輝く清い麻の衣を着せられた。/この麻の衣とは、
  聖なる者たちの正しい行いである。」
 それから天使はわたしに、「書き記せ。子羊の婚宴に招かれている者たちは幸いだ」と言い、また、「これは、神の真実の言葉である」とも言った。わたしは天使を拝もうとしてその足もとにひれ伏した。すると、天使はわたしにこう言った。「やめよ。わたしは、あなたやイエスの証を守っているあなたの兄弟たちと共に、仕える者である。神を礼拝せよ。イエスの証しは預言の霊なのだ。」

コメントを残す