2010年の初めに

キリストを否むなら、キリストもわたしたちを否まれる。

わたしたちが誠実でなくても、キリストは常に真実であられる。

キリストは御自身を否むことが出来ないからである。

新約聖書テモテへの手紙二 2章より(新共同訳)

2010年、みなさまがご自身の光とともにあられますように。光の中を歩まれますように。

1 thought on “2010年の初めに

コメントを残す