文責について

「よあけのひかり」というタイトルでブログを書かせていただくようになって、数ヶ月がたちました。
開設した当初とは、このブログの文章も変わってきていますので、それについて記しておきます。

みずのみたま・みずのつるぎというのは、「水」にについて考えていた際に、上昇の過程で浮かんできたビジョンのようなものです。これについては、まだ解読の途中の段階です。

それ以外の部分は『最終知識』を中心に、「光文書」、また他の会員の方々が公開された通信を元に、通常の状態(特に浄化上昇はせずに)で思考し、気づいたものです。

『最終知識』で使われている「ことば」について、それが何を表しているのかをはっきり認識しておくことが重要だと感じ、その作業を続けている過程で気づいたことを記載しています。

この、「ことば」についてはっきりと認識しておくことが、必要以上の苦しみや遠回りに陥らず、また誤解を生まないひとつの方法になりうると考えています。

コメントを残す