第69回 配信

私…: ※:③愛と性とエロスについて-No.7
(収録:2017年11月24日(金)、新潟県糸魚川市、ぬながわひめ神話、最期の瞽女宿(ごぜやど)、秘境パワースポット島道鉱泉で聖別島道鉱泉水を製造して、帰りの北陸高速道路の車中で収録しました。)

積先生:「精神的な波動はDNAに書き込まれると私は考えています。
人間の赤ちゃんは生まれるまでに、お母さんのお腹の中に入っている時にね、哺乳類だけでなく地球の生命の進化を追体験して、人は生まれてくるわけですね。
とりあえず、哺乳類の最高傑作である人類というものが、この地球の生命系の頂点に立つものならば、ここから先の遺伝子をどのように作るか?ということが、この地球の生命系のひとつのテーマとして考えられているはずです。
ということは、これからの生命はこの『波動』というものを知っておいた方がいいよね、ということが最新の進化のために必要であるならば、そういう波動を知っているタイプの人間が次の世代から生まれてきます。」

私…: 「宇宙誕生が約138億~137億年前、地球誕生が約46億年前、生命誕生が約38億年前と言われています。
その・・・、」

積先生:「その生命の1つの細胞の中のDNAに進化のデータが全てすでに組み込まれているのですよ。
つまり哺乳類の次の生命進化のデータがDNAに書き込まれている、ということです。
そのDNAの書き込まれている中に、精神的な、あるいは宗教的な神というものについて、の再発見と解釈が組み込まれている、と考えるのが理屈でしょ。
そう考えれば、現在までの宗教は未完成だといえませんか。」

私…: 「ああ、そうなのですか。積先生は以前に、時代のひとつのテーマとして『神』というものがあると。
『神というテーマの時代です。』と言われていました。
『神とは何ぞや』と考え抜くことで、精神進化がもたらされ生命は進化するということを示唆されていました。

それが終わる、時代なのですね。」

積先生:「わかりましたか。
それは、人間は『神の容器』として次の生命進化のステージに移行するということです。
それは今までの人類の親神だった神様よりも次のステージに我々の『たましい』が到達するということなのです。
そのステージでは『たましい』の中心にあるものが、神様として扱われると私は思いません、けれどね。
それは間違いなく、『解放』です。
『神と宗教からの解放』されるのです!」

私…: 「このお話、内容は、とてもすごい。」

積先生:「すごいでしょ。マンガとかアニメーションにすればとても面白い、テーマとストーリーなのにね。」

私…: 「すごいです!すべてが緻密に練り上げられたプロットと壮大なストーリーです。
SFを超える、神を超える存在が作り上げられた真実のストーリーだからとても感動して面白いです!
宇宙の初めから現在まで続いている唯一の意志が作り上げられた、すべてが繋がっている唯一のストーリー(物語)ですね。

積先生:「その全体像が理解できたらね、要は、
『良く生きなければ良く死ねない。
もしくは、良く死ぬためには良く生きなければいけない。』
ということを実感するのです。
『快楽』は必要なのです。人間のモチベーションを保つために。
なぜ『快楽』が必要なのかというと、『ご褒美』がなかったら生命や人間は良き方向に動かないでしょ。
その意味では天から見たら、人間は犬と同じなのです。
犬をしつける時どうしますか?
何か手に持ってお座りができれば、ご褒美といって犬の欲しいものをあげるでしょ。
それと同じです。そう言ってしまえば身も蓋もないのですが。」

私…: 「性欲、食欲、睡眠欲。」

積先生:「睡眠欲は大切です。寝ている間に、脳は起きている時の情報を整理して再構成して頭の中の引き出しに入れ直すのです。」

私…: 「ああ、では睡眠が足りないと・・・。」

積先生:「睡眠不足では頭がおかしくなります。時間の多い少ないのお話しではありません。
脳がちゃんと情報を整理できているかです。」

私…: 「性欲、食欲、睡眠欲、の3大欲ですがコントロールできるのでしょうか?」

積先生:「欲をコントロールするのが人間の文化です。
それが人間の社会的教育の目的でもあります。
例えば、性的禁欲状態が続くと超能力が生まれるというお話しでは、性欲の禁欲状態では最初は寝ている間に性的な欲望解放をする夢を見ます。
さらに、禁欲が続くと、それが起きている間に幻聴や幻覚を見るようになります。
その脳内の変化が正しいものかどうかは時間の経過と結果を見なければなりません。
性欲をブロックすることによって脳が感知した情報が、天からの正しい情報であるかどうか?は結果を見極める必要があるということです。
ただ、それができたからといって、ある種の能力がついたからといって、どうなの?というのが私の立場です。
『真に正しい天の情報を真に正しく人の世に伝えてあげられるかどうか?』
がとても重要なポイントなのです。

次回へ、おたのしみ